01

かつて「寿司大」で握りを担当されていた職人さんが独立し、勝どきにお店を出されました。
5月にオープンしたばかりにも関わらず、中々の人気店になっているとか。
それがこの「鮨くらみ」です。私も先日友人を誘って、夜にお邪魔してきました。

02

握りの他にもメニューが豊富ですね。

03

カウンターに座り、まずはつまみ系を二つほど注文。
お通しに出されたのは アジのたたき。もみじおろしがよく合いますね。

04

つまみに頼んだのは 白子ポン酢・800円。白子がほんのり温かいのがいいですね。

05

赤やがら一夜干し・700円 なんてものも頼んでみました。すんごいクチバシですね。 (^^;
身は高級な白身魚のような豊かな甘みを感じます。

06

さて握りに入りましょう。まずは 中トロ。「寿司大」でもトロは最初に出されるんですよね。
上質なマグロの脂に思わずニンマリ。

07

平目 は塩と酢橘で。口に入れるとじわじわと平目の旨味が。

08

マグロ赤身 はネットリとして、実に味が濃いですね。トロに引けを取らない美味しさ。

09

続いて 塩水うに。臭みはもちろんなく、舌の上でサッととけると濃厚な甘みが広がります。

10

金目鯛 はいい仕事がされてます。

11

コリコリの つぶ貝。鼻に抜ける香りがいいんですよ。

12

やがら を握りでもいただきました。生でも高級魚に負けない旨さ。

13

生いくら がまだあるとは!? 柚子の香りが合いますね。

14

見た目の美しい 釣りアジ。味も格別。

15

ブリ は今が一番美味しい季節かも!? 脂のノリが素晴らしい。

16

旬は春のはずですが、冬の サヨリ だっていい味してます。

17

カワハギの肝乗せ にはネギが挟まれてます。甘みの濃厚な肝と爽やかなネギとの相性よし。

18

煮あさり です。これは「寿司大」にはない一品。

19

これ旨いですね。「寿司大」も煮ハマがないときはやればいいのに。
ただ仕込みにかなり苦労しそう・・・。 (^▽^;)

20

焼いた後にしばらくおいて、味を落ち着かせた 玉子焼き はふんわりしてケーキのよう。

21

ふわっと煮られた 穴子 はツメと塩で楽しめるように半分に切ってくれました。

22

最後に イカ紫蘇巻 と かんぴょう巻 を。
かんぴょう巻の写真はあまり絵になりませんので割愛いたします。 (^^;

23

握りやつまみだけでなく、あらだし も美味。
お店の方の活気ある接客も好印象。大変満足させていただきました。
今後も定期的にお邪魔したいですね。

24

既に何度も通われている旦八さんの最新の記事は こちら
先日MZさんとともに行かれたしょうさんの記事は こちら 
まいたーんさんの記事は こちら かなめさんの記事は こちら

私の目にはつまみがとても魅力的に映るなぁ・・・。