01

なべひろさんと「高はし」へやって来ました。
私は前回の訪問が昨年の8月なので、ほぼ半年ぶりのお邪魔になります。
お目当てはつきじろうさんの記事で見たあんこう煮かカキ豆腐。
どちらかあればと思って店頭メニューを見ると、運良く両方あるじゃないですか。

02

どちらにするか悩みましたが、ここはやはり看板メニューのあんこうでしょう。
あんこう煮を味噌汁抜きの定食でお願いし、しばし待つことに。
なべひろさんはぶりかま塩焼き定食を注文されてました。

03

あんこう煮定食(味噌汁抜き)・3300円 です。
左上は追加注文した 平目の昆布〆刺身・2000円。これはなべひろさんと二人でいただくことに。

04

2年ぶりにいただくあんこう煮。早速スープからいただきますと実にいいお味!
表面にアンキモの粒が浮かんでますが、その量が適度なのでコッテリし過ぎない上品な仕上がり。
スープの味がぼやけずに、あんこうのダシがクリアに感じられます。

05

具には豆腐の他にあんこうの身や皮、腸などがごっそり。
モツのそれぞれ違った食感がなんともいえませんな。

06

先達であるつきじろうさんに倣ってご飯の上に・・・。これだけ乗せても全体の半分ぐらいかな。
いい素材を使うだけあって値段は高めですが、具がたっぷり入ってるので満足度は高いですよ。

07

平目の昆布〆もあんこうと同じく毎日はないメニュー。
上に乗った昆布を食べてみると、かすかに昆布の香りが残るのみ。
つまり昆布の旨味が完全に平目に吸い尽くされているということ・・・。

ただでさえ寝かされて旨味の増した平目が、昆布の旨味まで足されてとんでもなく美味い平目に!
平目で岩海苔をくるみ、ほんの少し醤油をつけていただくと、衝撃的な美味さで御座いました。

生ホンマグロのねぎとろと一緒にあんこう煮を堪能されたつきじろうさんの記事は こちら
寒いうちに今度はカキ豆腐を食べに来ようと思います。