01

前回は日本橋高島屋で購入した鬼鯖鮨の記事を書きましたが
実は日本橋に来たのはもう一つ理由があったのです。

日本橋三越から徒歩数分のところにあるこちら。
ある和食料理人の名を店名にしたという「金子半之助」にお邪魔したかったのです。

02

昨年11月にオープンしたばかりなのに長い行列が出来るほど人気という、今ちょっと話題の店。
平日の昼時を過ぎた時間にうかがうと、さすがに並びはないもののカウンターはほぼ満席。
席に着き、唯一のメインメニューである天丼を味噌汁付きで注文するのでした。

03

天ぷらが揚がるまでに卓上の漬物をいただきます。
これが美味しいんですよ・・・。特にゴボウと生姜の甘酢漬けが気に入りました。

04

待つこと10分少々で 江戸前天丼・880円 と 味噌椀・100円 が出されました。
迫力のあるビジュアルですね~。ごま油の香りが食欲をそそります。

05

海老は中々の大きさのものが二本。食感いいですね。

06

タネは海老の他に穴子、海苔、ししとう、温泉卵。いかと小柱のかき揚げも。

07

中でも特筆すべきはこの巨大な穴子!
大きいのは衣がしっかりつけられてるせいもありますが、穴子自体も大きく分厚いのです。
シャクッ!とかぶりつくと、肉厚でふっくらと揚がった身から旨味があふれます。
鮮度も問題ないですね。上に乗った柚子の香りもよいアクセント。

08

穴子にこちらの黒七味をかけて食べても文句ない美味しさでした。
他のタネも充分美味しいのですが、穴子の旨さが際立っているなぁ・・・。 (^^;
丼は上げ底になってまして、見た目よりはご飯の量は少ないのでご安心を。
でも女性はご飯少な目が無難かも!?

先述したように衣のつけ方が少し野暮ったいと感じられる方もおられるでしょうが
880円でこのボリュームと味ならCPは高いと思います。興味を持たれた方は是非お試しを。