01

ちょっとつきじろうさんと話したいことがありまして、朝食をご一緒していただくことに。
つきじろうさんはそろそろ終わりになるあんこう煮を食べに「高はし」へ行く予定とのことで
私も同行させていただきました。

02

注文したのは ぶりかま煮つけ定食・2300円。ご飯が白飛びしちゃいました。 (^^;

03

迫力あるビジュアルですね〜。
「高はし」のワラサのカマ焼きはかつて “古墳” に例えられました。これの衝撃はそれ以上。
私の貧相な発想力で無理に例えるとしたら、“煮汁の海に浮かぶ孤島” とでも言いましょうか。

例えは上手くないですが、味は旨いんですよ。(^▽^;)
脂がのった身はふわっと柔らかく煮られてます。甘さ控えめのスッキリした煮汁の味もいいですね。
つきじろうさんが4年前に食べられたワラサのカマ焼きの記事は こちら

04

刺身も欲しくなりまして、本マグロ赤身・1500円 も追加で注文。
対馬産の生マグロとのこと。これは二人でシェアしていただきました。

05

うちのブログ写真の赤の発色をつきじろうさんに羨ましがられましたが、そんなに違いますかね?
モニターの環境の違いだけだと思いますが。 (^^;

さて肝心の味の話ですが、これが実に素晴らしかった!
身質はきめ細かく旨味の濃さから熟成してるのは判るのに、瑞々しさを失わずしっとりしてます。

06

冬の本マグロだけあって赤身でも充分に脂がのってますね。勿論目利きの力もあるのでしょうが。
醤油をつけるといい具合になじみます。いつものように岩海苔と一緒にいただくと最高に美味!

ブリカマとマグロの両方の味に満足させていただきました。次は久々に穴子にするかな。
同行してくださったつきじろうさんの記事は こちら