01

三河島にある「山田屋」に、「米花」のジローさん&常連の方&私の3人でお邪魔してきました。
ここはジローさんが「米花」のお客さんにすすめられた焼肉の名店!
常磐線の三河島駅から歩いて5分ぐらいのところにあります。

02

暖簾からホルモン料理に自信があるのが見てとれますね。
ただ実はジローさんはモツ系は苦手でほとんど食べられないのです。
焼いたら少しは食べられるけど、レバ刺しとか生は全くダメ。 (^^;

03

まぁ、普通の焼肉やサイドメニューも美味しいと聞いてるので大丈夫でしょ。
飲み物をそれぞれ注文し、宴の始まりです。ジローさんはビールをピッチャーで頼んでました。

04

まずは評判の特に高いホルモン刺しをいくつか注文。
牛レバ刺し・800円 です。エッジの立ったレバーは鮮やかな小豆色。

05

ごま油をつけていただきます。
・・・美味いっ! 全く臭みが無く旨味が濃厚。ネットで絶賛されるのも納得の味。

06

子袋刺し・700円。
シャキシャキとした食感の子袋はポン酢でさっぱりと。これもメチャ旨!

07

チレ刺し・700円。チレとは牛の脾臓のこと。
初めて食べましたがこれも素晴らしい。センマイやハツに食感が似てます。
これは少しでも鮮度が悪いと生では食べられないでしょうね。

08

刺身を堪能した後はホルモン焼を。牛ガツ(ギャラ)焼・800円 を塩で。
焼くと甘い脂がにじみ出てきます。レモンをふりかけていただくと後味がさっぱり。

09

山田屋ミックス焼・950円 はタレで。レバーやミノ、サガリなど5点盛り。
レバーは生でも旨いので、焼いても当然のように美味しいですね。

10

面脂焼・750円。他の店ではあまり見かけないメニューです。
豚の頭の脂ののった部位である面脂。ナンコツっぽいコリコリした食感がクセになります。

11

サイドメニューから テール蒸し・1000円。塩をふりかけていただきます。

12

とろっとろに柔らかい牛テール。これは特にジローさんが気に入った一品。
ようやくまともに食べられるメニューが来たからか、いたく感動しておりました。 (^^;

13

中盤を過ぎて焼肉モードに突入。上ロース焼・1500円 を塩で注文。

14

ホルモンに比べると焼肉の旨さはやや見劣りするという声がネットでは多いのですが
いやいや旨いじゃないですか!

15

上カルビ焼(タレ)・1800円 も負けてません。

16

見事なサシの入り方。

17

まだ中心部が赤いぐらいでいただくと最高に美味・・・。

18

サイドメニューからスープも一つ。ホンダワラという海藻が入った モンク・700円 を注文。
これは済州島でよく食べられるスープなんだとか。
とろみのあるスープは塩気が穏やかで、どこかホッとする味。これは焼肉のお供に最適!

19

ピッチャーを空けたジローさんはこのジンジャーハイボールを注文。
思いのほか美味しかったようで、 『 うちでもコレやろ〜! 』 なんて言ってます。

20

お腹が一杯になったジローさんは レモンシャーベット・220円 で一足先に〆へ。

21

ジローさんを除いた2人は 大盛ライス・250円 を一つ頼んでそれで〆へ。
並カルビ・1100円 といただきます。ちょっと色が悪い部分もありましたが並でも充分旨いです。

22

ご飯の上に焼いた肉を盛り付けて、焼肉丼にして食べるのでした。

ふとジローさんを見ると、シャーベットを丸ごとハイボールに入れて飲んでます。
完全に酔いが回ったのかと思いきや、シャーベットが硬くて食えなかったようで。 (^▽^;)

23

日暮里に支店もあるんですね。
大変美味しいホルモン&焼肉でした。近いうちに是非再訪したいです。

24

記事の〆はほろ酔いのジローさんの写真で。 (^^;