01

木曜日ですが珍しく記事の更新を。
先月お邪魔した焼肉の名店「山田屋」に今月もお邪魔してきました。前回の記事は こちら
今回はジローさんと「米花」の常連メンバーを中心とした総勢9名の大所帯。

02

幹事役の私は集合時間の30分前に到着し、ご主人からオススメメニューをリサーチ。
部位による味の違いや食材へのこだわりをうかがう中、例のユッケ食中毒事件にまで話が及び
こちらが万全の体制でモツの処理や管理をされていることも聞かせていただきました。

03

6時半になりまして、まずは6人で宴の開始です。
これは調理に時間がかかるので前もって注文していた 牛テール蒸し・1000円。
箸を入れるとほろっと切れるほど柔らかく、びっくりするほど旨いんですよ。
『 これうんめーよ! 』 とジローさんが前回と同じセリフを。

04

これは牛レバ刺しならぬ 牛レバーのたたき・800円。
例の事件の影響でお上からお願いがあったらしく、表面にわずかですか火を通してあります。
しかし味は前回と変わらず絶品! 臭みがなく、濃厚な旨味。この日何度注文したかな・・・。

05

子袋刺し・700円。こちらもここで必須のメニューの一つ。
表面はシャキシャキして噛むとプリプリの食感。ポン酢でより爽やかにいただけます。
ネギと一緒にちょっと焼いてもイケるんですよ。

06

まだ焼きものは早いですが、ジローさんのために 上ロース・1500円 も。
この後センマイ刺しやチレ刺し、ミックス焼、コテッチャンなどホルモンや
上カルビなどの正肉、ホンダワラの入ったモンクスープやテグタンスープ、クッパなど
たらふくいただいたのですが、写真はなし。

幹事だとオーダーや、皆さんに料理が行き渡っているか、楽しく食べられているかが気になって
写真どころではないんですよね。 (^▽^;)
なので最後に同行してくださったかなめさんとまいたーんさんの記事を紹介させていただきます。

肉を焼いたときに、思った以上に火が強くて焦るジローさんの写真がのった
かなめさんの記事は こちら
マッコリ飲んでご機嫌なジローさんの隣りで、素面だけど同じくらいご機嫌に見えた
まいたーんさんの記事は こちら