01

先週行ったばかりの「寿司大」に、またもやお邪魔してしまいました。
行列が少ないとついつい並んでしまいます・・・。

02

今回は最初からお好みで注文することに。
とりあえず黒板に書かれたおすすめネタを全部いただきましょう。

03

まずは 天草のスミイカ から。
アオリイカの売りがパキパキッとした食感ならば、スミイカの売りは驚くほどの甘さ。
どちらもイカの王様と異名をとるにふさわしい味です。

04

銚子の春子鯛 はちょうど良い大きさ。
春子鯛って身が小さいと味が乏しいし、大きすぎると水っぽいんですよね。

05

北海道のツブ貝。
基本的に「寿司大」に毎日ありますが、おすすめに書かれる事はあまりないネタ。
店長さんによるとこの日のモノが特に良いから黒板に書いたそうで。
食べてみて納得! 歯を当てるとシャリッ!と切れ、香りの素晴らしさに悶絶!
貝の魅力は香りだと改めて認識するのでした。

06

静岡のマコカレイ。
エンガワ付きなのが嬉しい。いい具合に熟成されて旨味が濃いです。

07

鴨川のサゴシ は前回同様に軽く炙られてます。脂が乗ってるのでポン酢が実によく合います。

08

「寿司大」で滅多に見かけないネタを。 フグの白子 です。
温かく、一口で頬張ると中から濃厚な甘みがあふれます。
一貫500円とのこと。そろそろ無くなるそうなので、食べたい方はお早めにどうぞ。

09

赤身のヅケ は今回も漬け時間短めでお願いしました。
ヅケの美しさには隣りに座られた海外のお客も歓声を上げるほど。味もまた格別。

10

鯖は 鴨川のごまさば。
旬のごまさばは真鯖にも引けをとらない美味しさ。

11

最後の一貫は店に届いたばかりの 石川の鰯。
脂のノリはそれほどでもないものの、身質の良さに驚かされました。
脂が乗り切った鰯も好きですが、鰯本来の味を楽しめるのはこちらかも!?
なんてことを言いながら、来月は真逆のことを書いてるかもしれません。 (^▽^;)

全九貫いただいて、御代は3100円(税込み3255円)でした。
次の訪問は7月中旬ぐらいかな? 新子が出る頃にお邪魔しようと思います。