01

土曜はまさぞうさんに誘っていただき、築地の「やまだや」へ再訪することが出来ました。
3ヶ月前に初訪問したときの記事は こちら

02

注文は今回も幹事におまかせ。

03

定番メニューにも旨そうなものがズラリと。

04

飲み物とお通しが届いたら宴の開始です。
お通しはレタスやコーンの入ったお浸し。和風ダシの旨さにのっけからやられます。

05

お次は見事な大きさの岩ガキ。肉厚でぷりぷり。磯の風味が鮮烈!

06

なすの田舎煮です。こちらもやはりダシの旨さが光る一品。

07

刺身は三重のコチとイワシ、青森のマコガレイ、岡山の平貝。
個人的に一番気に入ったのはシコシコした食感のマコガレイ。

08

もちもちにんにくなんて面白いメニューも。本当にお餅みたいな食感なんですよ。

09

お店の名前を冠したやまだやベーコン。今回は薫製が控え目ですね。

10

わら焼きメジマグロ塩タタキです。皮の香りがなんともいえません。

11

自家製豆腐のみそ漬け。クリームチーズとの相性が抜群。

12

イサキのなめろうは穏やかで優しい味付け。ナッツと紫蘇がいい仕事してます。

13

伊予水軍鶏のモモ唐揚げです。これとご飯だけでもご馳走になりそう。

14

鴨鮭リエットです。
隣りに座られたかなめさんに 『 リエットって何ですか? 』 ときく無知な私。
まぁ、料理名を知らずとも、美味しさが判ればよいのです。 (^^;

15

ハモの揚げおろしにはアスパラ、椎茸、長いもがお供に。

16

伊予水軍鶏の炭火焼盛り合わせ。レバーやあばら、白子にせせりと珍しい部位ばかり。

17

肉厚なめたカレイの唐揚げ。身は甘く、ふんわりほっこり。
パリパリのエンガワにも負けない魅力が。水菜が実によく合います。

18

揚物を連続で。定番の手作り帆立貝クリームコロッケは間違いない美味さ!
ソースも何もつける必要がありません。

19

旨味が濃厚なゴマふぐ白子昆布焼。

20

残った昆布は焼かれて再登場。

21

〆の炊き込みご飯のお披露目に湧き上がる一同。この日のメインは時鮭。

22

ご飯のお供の味噌汁もそつのない出来。

23

脂ののった時鮭とアスパラ、エリンギ、ゴボウの風味が渾然一体となったご飯は
〆の一品にふさわしい素晴らしき味。

24

〆たはずなのにデザートまでしっかりといただいてしまった私。 (^▽^;)

25

お腹一杯なのに、抹茶ケーキもキャラメルアイスも大変美味しくいただきました。
「やまだや」に同席してくださったしょうさんの記事は こちら かなめさんの記事は こちら

「やまだや」で楽しく美味しい夕食をいただいた後は、銀座の「洋酒酒場 柳」へ。
するとそこでは幸運な出会いが・・・。

26

さて翌日の日曜は赤坂にある焼肉の名店「赤坂 みすじ」へ。
「河岸頭」の橋本さんが幹事で、まさぞうさん経由で私まで同席させていただくことに。

27

いただいたものを少しだけご紹介。お店のウリの一つでもあるみすじや・・・。

28

サーロインなど次から次へと出される美味い肉に酔いしれるひと時。

29

〆のそうめんまでどの料理もクオリティの高さに驚かされました。
機会があればまたお邪魔したいけれど、予約を取るのは至難の業だとか。

土曜日曜と連続で贅沢しすぎた週末となりました。バチが当たるかも。 (^^;