01

かつてはチェーン店ばかりでラーメン不毛の地と呼ばれた秋葉原。
ここ数年で私の知らないうちに実力店も増えて、真のラーメン激戦区になりつつあります。
この「あたりや食堂」も先月できたばかりなのに、既に評判になっているようで。

02

こちらは宮崎で長年愛された雷々麺という独特の一品を引っさげて、東京進出を果たしました。
注文はもちろんその雷々麺。無料で付けられる小ライスもお願いし、チャーシューも追加で。

03

雷々麺(チャーシュー乗せ)・900円 です。

04

雷々麺とはいわゆるあんかけラーメンのこと。
熱々の太麺に挽き肉や玉ネギなどが入った中華風の餡がたっぷりとかけられます。

05

チャンポンみたいな麺とそのあんをよ〜く絡めていただきますと、これが中々の旨さ。
素朴な味わいですが、「松五郎」とは違って餡の甘みを抑えてあるので飽きが来ません。
後からピリッと感じる辛さもいいですね。
ただ餡が絡んだ太麺のもったりした食感は好みの分かれるところでしょうか。

06

麺を食べ終えたら、残ったあんをご飯にかけて二回戦目の始まり。
トッピングしたチャーシューと一緒に食べると麺よりも美味しかったりして・・・。
米の質や炊き加減にまで力を入れてくれるとより嬉しいかな。

今後は秋葉原のラーメン屋をまわる機会が多くなるかもしれません。