01

冬といえば牡蠣の美味しい季節。
牡蠣のシーズン中に必ず一度は食べておきたいメニューが、私には3つあります。
今は無き「たけだ」のかきバター、「磯野家」のかきめし・・・。

02

そしてもう一つが「小田保」のカキミックス。
勢いよく扉を開け、壁に貼られた数々のメニューにわき目も振らずに注文するのでした。

03

カキミックス・1600円 です。
震災の影響もあり、築地でも良質の牡蠣が中々揃えられないと聞いていましたが
「小田保」のカキミックスは、例年通りのクオリティでそこに存在しておりました。

04

ソテーは牡蠣とバターの香りがお互いを引き立て、食感はプリプリ。
使われる油は最小限で、かつての「たけだ」のそれとは対照的な上品な仕上がり。
酸味がピリッときいたタルタルソースがよく合います。

05

牡蠣フライは衣のサクサクの食感が耳にも心地よく
サックリ噛むと磯の風味と旨味エキスが口いっぱいに広がります。
レモンを絞って食べるも良し、ソースをワイルドにかけてご飯とともにかっ喰らうも良し!

年が明けた頃には、牡蠣のサイズがもう一回り大きくなってるかもしれませんね。

06

数日後、冬に一度は食べておきたい煮魚を求めて、今度は「米花」へ。

07

いただいたのは なめたかれい煮定食。
カレイの王様と呼ばれるナメタカレイは、今が一番美味しい時期です。

08

肉厚な身は勿論のこと、卵や皮、ゼラチン質たっぷりのエンガワが最高の旨さ!
ヒレは骨が多いのでちょっと食べにくいのですが、その骨の間のプルプルが旨いのですよ。
しゃぶり尽くすように綺麗に平らげてご馳走様!

「高はし」のなめたかれい煮も久々に食べてみたいですね。