01

先月に引き続いて、今月も「河岸頭」で食事会を開くことに。

02

今回はブリしゃぶと、料理研究家であるジャスミンさんから
おすすめしていただいたヒゲダラ鍋をメインに考えていたのですが
店長の橋本さんから提案されて、ブリしゃぶ&本マグロすき焼きをお願いすることに。

03

まずは前菜(?)として、小肌とメジマグロの握りが登場。

04

続いて小鉢が4種類。季節外れのホタルイカが思いのほか美味!

05

そして参加者のテンションを一気に上げてくれる豪華な刺盛が。
本マグロ赤身&中トロ、サーモン、水蛸、ブリトロ、シメ鯖、関アジ。甘海老、クエ、鰆。
今回は先月の刺身よりどれも活きが良いと感じました。

06

主役の一人であるブリしゃぶは、背と腹の両方を。

07

脂がのって、キラキラと輝くブリに期待度最高潮。

08

さっとスープに通してポン酢でいただくと、思ったよりも品のある美味しさ。
先月のノドグロほどの強烈なインパクトはありませんが、これはこれでアリですね。

09

鍋にはブリの旨味がたっぷり溶け出しているので、野菜を煮ると凄く美味しいんですよ。

10

さて、最後に真打ちが。
この日築地のセリで一番の生本マグロを、すき焼きでいただきます。

11

いい色してますね。
スジが入ってますが、火を通すとこれが全然気にならなくなります。

12

こちらは冷凍マグロ。冷凍といってもこちらも大間の本マグロだったりします。 (^^;

13

マグロの焼ける香りと音ってたまりませんね〜。
そこそこお腹がふくれていたはずなのに、また食欲がわいてきました。 (^▽^;)

14

奥久慈の卵と絡めていただくと、表面はこんがりと香ばしく、中はしっとりジューシー。
旨味が口いっぱいにあふれます! パサつく感じなど皆無! これは参りました。

15

冷凍の方もほんのわずかに身の硬さを感じる程度で、生マグロと遜色ない美味しさ。
旨いマグロをこんなにたらふく食えるとは・・・。他の店では中々難しいでしょうね。

16 17

18

〆にマグロを焼いた鍋に卵を落としておじやを。仕上げにパッとアサツキを散らして。
かなりの満腹状態でしたので、3口分ほどしか食べられませんでしたが、これも絶品でした。
実はブリしゃぶ鍋でも雑炊を作っていただいたのですが、そちらはほぼ手付かず状態・・・。
調子に乗って、マグロを食べ過ぎてしまったようです。

ふと周りを見渡せば、ご一緒してくれた方々も苦しそうな様子・・・。
少なくとも量に関しては、皆さん満足されたようです。 (^^;

19

これは当初の予定だったヒゲダラ。
鍋にするとフグより旨いそうで、旬のうちにこちらでいただきたいと思います。
予定を変更してマグロすき焼きにした理由や、ブリしゃぶ雑炊の写真などは
ご一緒してくださった方々の記事でどうぞ。

かなめさんの記事は こちら
まいたーんさんの記事は こちら
しょうさんの記事は こちら