01

12月、1月と続けてお邪魔した「河岸頭」で、今月も食事会を開かせていただきました。

02

この日の私の箸袋に書かれていたのはカワハギ。

03

ズラリと並べられた前菜に、早くもテンションが上がります。
名物の鱈チップス、白バイ貝、あん肝に氷魚。そして面白かったのは鯨の煮こごり。

04

やわらかく鯨の風味がたまらない一品。クセは全然ないんですね。

05

続いて握りが二貫。季節外れですが、脂がのった鰯。

06

軽く火を通したマグロの頭肉の握りは、おろしポン酢でさっぱりと。

07

ショットグラスで登場したのは、ピチピチと跳ね回るシロウオ(イサザ)。
ポン酢をかけて、一気に口の中に放り込みます。残酷だけど美味しい・・・。

08

さて、お待ちかねの豪華な刺盛が。
ヒゲダラの昆布〆、ホウボウ、キンキ、ブリにクエ。
白海老、ザトウ鯨、本マグロのトロ。サクラマスに立派なシャコ。

09

鮮度の良さが味に直結するネタ、熟成が必要なネタ、脂のノリが大事なネタ。
今回は全て素晴らしかったです。中でも記憶に残ったのは、完璧に熟成されたホウボウの旨さ。

10

サクラマスも脂のノリが最高潮。それでいて、身の味が濃厚。
こだわりの本マグロの質は言うまでもなく・・・。
他のネタも秀逸で、ベストのネタを選ぶのに困るほど。 (^^;

11

お酒を飲む人にはたまらない一品が登場。ホタテの西京漬けです。
余分な水分が抜けて、旨味が凝縮されてます。西京味噌の香りもいいですね。

12

あん肝の炙りは柚子こしょうで。
ご飯があれば、これだけで丼一杯平らげてしまいそうです。

13

今回の主役であるヒゲダラが、高級魚キンキとともにお目見え。
右下に見切れてるのは、築地の「寿屋商店」の乾燥しらたき。

14

いよいよメインのヒゲダラ鍋の開始です。
私を含め、ヒゲダラ鍋を食べたことの無い方が多かったので
ダシはオーソドックスに昆布ダシでお願いしました。

15

軽く湯通しされたヒゲダラの頭やアラから、ダシがたっぷり出るのです。

16

鍋にアラを入れて一煮立ちさせたら、白く輝く身を投入!

17

もちろん、野菜やきのこも忘れずに。ダシを吸って、とても美味しくなるのですよ。
生でも食べられる春菊もあり、後から軽く煮て食べましたが、エグミがなくて驚きました。

18

鍋で具材を煮ている間に、キンキの塩焼きが。間を埋めるにはあまりに豪華な一品ですね。

19

脂がのって身は甘くトロトロ。パリッと焼かれた皮がまた旨いこと!
夢中になって食べていたせいで、具を煮てる鍋の写真を撮り忘れるという失態を・・・。 (-o-;

鍋の写真は、ご一緒してくれた方の記事でご覧ください。
かなめさんの記事は こちら  らいぽさんの記事は こちら

20

さてそれではヒゲダラをいただきます。
食感は適度な弾力があって、ふわっと&ぷりっと。身離れの良さはフグとタラの中間ぐらい。
旨味自体は上品だけど、食べ進むうちにヒゲダラ自体の味がしみじみとわかってくる感じ。
・・・なるほど! これがヒゲダラですか。実に味わい深いですよ。

21

鍋の脇役では白菜やシメジは勿論のこと、「寿屋商店」の白滝が美味でした。
太くてコシがあり、こんな旨い白滝を食べたのは初めて。 (^^;

22

白滝にダシを吸わせたせいで、ほとんどスープが無くなってしまいましたが
〆にはやっぱり雑炊を。散らされたあさつきの緑が映えますね。

23

玉子の出来が、雑炊の味を左右します。この日もふわっふわで完璧でしたよ。
前菜から〆の雑炊まで、今回も大変満足させていただきました。

またいつかこちらで、食事会をしたいです。

24

最後におまけで店主の橋本さんが、面白いものを出してくれました。
ミズダコの卵でして、湯通ししてポン酢をかけて食べるのです。
まぁ、これは橋本さんの言うとおり、たいして旨いものではなかったので
料理の写真は割愛させていただきます。 (^▽^;)
興味のある方は、かなめさんとらいぽさんの記事でどうぞ。