01

晴天に恵まれた祝日に、Rさん主催の「横浜中華街」を食べ歩く会に参加してきました。
中華街に通って38年になるというRさんに、連れて行ってください!とお願いし続けまして
先週の土曜にようやく実現。今回は総勢6名でやってきました。

実は私、中華街に来たのは初めて。 (^^;
この煌びやかな門をくぐるだけで、なんだか楽しくなってしまいましたよ。

02

どこの店に行くかは、全てRさんにおまかせ。
一軒目にお邪魔したのは「金陵」。看板にもあるように、自家製叉焼が評判の店です。

03

二階に上がり、6名で円卓へ。
いただいたのは店一押しの 肉の盛合せ。美しく盛り付けられて登場しました。
中央の焼きアヒルと鶏レバーをぐるりと囲むように
焼き豚、豚タン、皮付き焼豚、焼き腸詰め。蒸し若鶏に牛の胃袋。

04

ハッカクなどの香辛料がほどよくきいて、どれも大変美味しい!
特に気に入ったのは焼きアヒルと、カリカリの皮がついた焼き豚。
あまりに美味しかったので、お土産にも購入することに。

05

肉のお供に 青菜炒め と ニンニクがバシッときいた 生きゅうり を。
青菜炒めは小松菜がシャキシャキで、優しい味付けなのでいくらでも食べられますよ。
一軒目からレベルの高さに驚かされました。 (^▽^;)

06

二軒目にやってきたのは「光龍飯店」です。ここでは贅沢な食べ比べを。

07

まずは 芝海老のチリソース から。
いい大きさの芝海老はプリッとして、甘みが強いですね。
チリソースの味付けはマイルドですが、後からじんわりと辛さがやってくる感じ。
薄味なのは、素材に自信があるからなんでしょうね。

08

続いてエビチリをもう一品。なんと 車海老のチリソース です。
殻付きの車海老がたっぷりと。食べると芝海老以上に身に弾力があり、風味豊か。
殻に付いた身を一片も残すまいと、格闘するように美味しくいただきました。 (^^;

芝海老と車海老。どちらのチリソースも美味でした。
個性に強弱はありますが、どちらが旨いとは言い切れませんね。

09

追加で もち米シュウマイ も注文。
皮が薄く、中はもっちりした食感。下味がついてるのでこのまま美味しくいただけました。

10

まだまだ行きます! 三軒目。広東料理の「金福樓」に飛び込みました。

11

いただいたのは中国野菜の 豆苗(トウミョウ)の炒め物 から。
豆苗のちょっとクセのある香りに、一瞬苦手かも・・・? と思いましたが
口にするとその独特の香りが全く気にならなくなります。

耳にも心地よいザクザクした食感で、ほんのり苦味があるのがなんともいい!
これメチャクチャ旨いじゃないですか・・・。

12

遅れて主役の 黒酢のすぶた が。
玉ネギや人参は歯ごたえを残し、黒酢ソースは酸味控え目で、まろやかな味わい。

13

豚肉にかぶりつくと、衣カリカリで中はしっとり。
脂の旨さではなく、赤身肉の旨さで勝負するタイプの酢豚でした。
パイナップルも一緒に頬張ると、美味しさ更にアップ!

酢豚にパイナップルはアリかナシか!?
少なくともここの酢豚に関しては、私はアリだと断言いたします。

14

三軒ハシゴした後は、「茗香閣」という中国茶のカフェで一休み。

15

高級な中国茶専門店で味わう癒しのひととき。
こちらでしばし休憩した後に、四軒目に向かうのでした。

16

縁起物の龍の置物の写真も一枚。
後編は、明日か明後日に。

ご一緒されたこぶたちゃんの記事は こちら