01

さて、それでは後半の記事を。
関帝廟をちらっと見たり、買い物をしながら中華街をブラブラして時間潰しを。

02

四軒目にやってきたのは「慶福楼」。
今回のツアーでは、こちらが最後に訪れた中華料理屋となりました。

03

こちらでのお目当てはこの 海鮮鉄板。
このメニュー、夏はマテ貝、冬は牡蠣が鉄板に豪快に盛られます。

04

衣をつけて、高温で一気に火を通して鉄板へ置かれた牡蠣。
焼け過ぎないようにお皿に取って、いただきます。
身はプリプリで、醤油ダレの焦げた香りと、ネギとニンニクの風味がたまらない一品。
シンプルな料理ですが、牡蠣の旨味がストレートに伝わってきて美味いです。

05

予定では牡蠣の鉄板焼きが最後の品だったんですが
参加者の皆さんの胃袋にまだ余裕があったので、ここから更に数品注文することに。
これは 鴨の舌辛味揚げ。

06

続いて 五目おこげ。
この手の料理はあんかけの化調がキツイことが多いんですが、これは気になりません。

07

ラストにさっぱりと酸味がきいた 魚すりみ団子スープ をいただいてご馳走様。
こぶたちゃんの「慶福楼」の記事は こちら

08

もう〆たはずなのに、何故かこの「福臨閣売店」という、お土産専門店に立ち寄った一行。

09

中にスープがたっぷりと入った 焼き小龍包 をいただいて、今度こそご馳走様。 (^^;

10

満腹状態で、中華街を後にするのでした。

11

そして中華街を出たところにある「Cafe Next-door」へ。

12

数々の美味しかった料理の味を思い出し、皆でお互いに感想を述べながらまったりとお茶を。
私にとって初めての中華街は、とても美味しく楽しい思い出となりました。
次の中華街ツアーが開催されるときも、是非また参加したいです。