01

前回の更新からわずか数時間後ですが、「よろにく」の後半の記事を。
ここまで結構な量の肉をいただきましたが、まだ折り返し地点でした。 (^▽^;)

02

後半は美しくサシの入ったミスジとシルクロースから。
ミスジは腕の部位の中でも最も霜降りのところ。

0304

シルクロースにはしっかり火を通し、タレをつけて、一口おにぎりをくるんでいただきます。
これは旨い・・・! 脂がこってりしてるので、ご飯との相性が抜群ですね。

05

続いて肩ロースの中でも特に霜降りのザブトンと、腰の最高部位であるサーロイン。
見た目からも旨さのオーラが出ているような(笑)。

06

ザブトンは軽く炙る程度に焼いて、卵黄と一緒に。口に入れるとあっという間にとろけます。
そして肉の方が卵よりもはるかに甘いのに驚かされました。 (^^;

07

サーロインは肉汁をしっかり閉じ込める焼き方で。
脂の主張がガツン!と来るので、おろしポン酢で後味をさっぱりと。
半分はさらに香味野菜をそえて、より爽やかに。

08

次に出されたのは赤身の部位ですが、正式な部位名はないのだとか。
ほんの数秒網に置いて、卵黄をちょいとつけて食べると大変美味でした。

09

ここでお仲間からの要望があって、再びシャトーブリアンの登場!

10

出てきたのは、なんとシャトーブリアンのビフカツです。
カリカリサクサクの衣に包まれると、また表情を変えますね。
カツにしてもしつこさを感じさせないのは、肉の脂が上質な証拠。

11

最後の肉は赤ミスジ。ミスジの中でも赤身の旨さも感じられるという、さらに希少な部位。
これはちょっと珍しい食べ方でいただくことに。

12

まずは鰹ダシのお椀に焼いたエリンギと青ネギを入れ、更にすりゴマと一味を投入。

13

そこにレアに焼かれた赤ミスジを入れて、贅沢極まりないお椀の完成。
牛肉の甘みと鰹の旨味、そこにネギの香りとエリンギの食感が加わり、えも言われぬ旨さ。

1415

具を食べた後はご飯を入れて、炙った海苔を入れてお茶漬けに・・・。
ダシの最後の一滴まで、いとおしむようにいただいたのでした。

面白かったのが、焼きの達人の一言。
『 海苔を焼くのって本当に難しいんです。肉より遥かに難しいんですよ! 』

1617

デザートにはほうじ茶のカキ氷。そして誕生日を迎えたお仲間のために特別な一品も。
「河岸頭」の橋本さんの粋な計らいに感服するのでした。

18

一品一品が感動の連続で、客を飽きさせない提供方法にも感心させられました。
高級店なので中々気軽には行けませんが、是非またお邪魔したいです。

ご一緒してくれたまいたーんさんの記事は こちら