01

食べ仲間からお誘いを受けて、「河岸頭」へお邪魔してきました。
今回は 『 お花見 』 を題材に料理をお願いされたのだとか。期待大ですね〜。

02

飲み物とお通しがきたら、楽しい宴の始まりです。

03

お通しはホタルイカ。

04

続いて稚鮎と、初めていただいた水字貝という珍しい貝。
コリコリして風味豊か。こちらでは未知なる貝と出会えるのも楽しみの一つです。

05

握りは今回も二種類。まずは色鮮やかな桜マス。
脂が上品にのりつつも、爽やかな後味。香りもいいですね。

06

春子鯛の昆布〆もまた春を感じさせる一貫。

07

ここで贅沢にもキンキの煮付けが登場。ふんわりと煮られた身には旨味がしっかり。

08

刺盛りも勿論豪勢に。
鰆、アラ、金目鯛、イシダイ、黒ムツ、白イカ、メジ腹身、鰹に鯵。
そして桜マス、本マグロ赤身&中トロ。

09

沖縄の本マグロの意外な美味しさにも驚かされましたが、この日の主役はやはり桜マス。

1011

未知なる貝との出会いがもう一度。高背貝という大きな貝。
シッタカのようにほじって食べるかと思いきや、殻を割らないと食べられませんでした。
身は心地よい弾力があって、肝は味が濃厚。舌にビリビリきました。 (^^;

12

「河岸頭」の夜の定番、マグロのアゴ焼きです。
身は香ばしくジューシーで、ピリッと辛い柚子胡椒がよく合います。

1314

続いて香りがたまらない桜海老のかき揚げと、ミンク鯨の刺身。

15

暖かくなってきたので、鍋もそろそろ食べ納めかな。高級魚メヌケの鍋です。
コラーゲンたっぷりの目玉の周りの部分が旨いんですよ!
でもそちらは女性陣に・・・。 (^^;

16

私はアゴの身をいただきました。脂がのっていてやわらかく、それでいて適度な弾力が。
またメヌケから出た旨味をたっぷりと吸ったネギの美味いこと!

17

ここで鍋のスープを余すことなく堪能するために、冷麦が。

18

メヌケのゼラチン質が溶けて、とろとろになったスープに冷麦がしっかり絡みます。
ダシとネギの甘みがじんわりと出たスープと、ツルツルで太めの冷麦との相性良し!
お箸が止まりませんでした。 (^▽^;)

1920

最後のメニューはまたも桜マス。
桜の花を混ぜた塩で、塩釜焼きにされておりました。

21

塩釜にしてじっくり火を通すことで、身は水分を失わず、香りが逃げません。
そして桜の香りがしみ込んだ皮が格別の旨さ! 皮目のところは脂のノリもいいですね。
冷麦を食べ過ぎて、満腹状態だったにも関わらず、お代わりまでしてしまいました。

22

今回の桜マスの塩釜焼きは、魚の入荷状況によりますが
予約すればもちろんどなたでも注文できますので、気になった方は是非一度お試しを。

ご一緒してくれたまいたーんさんの記事は こちら
しょうさんの記事は こちら
こぶたちゃんの記事は こちら
かりんさんの記事は こちら