01

銀座に詳しいお方に、「アーンドラ・ダイニング」に誘っていただきました。
魔神さんの評価の高い店なので、是非お邪魔したかったんですよね。

02

オーダーはメンバーの中で、最もカレーに詳しい方に完全におまかせ。(^^;
自分よりはるかに経験も知識もある人が一緒だと、全て任せられるから楽でいいなぁ(笑)。

03

最初の一品は マサラドーサ。
米粉の薄いクレープでジャガイモを包んだ南インドの軽食の定番の一つ。
クレープのパリッ!とした食感が命。熱々のうちに食べるのが一番美味しいんですよ。

0405

続いて前菜から、
ミックスパコラ(インド風かき揚げ) と アルーボンダ(インド風コロッケ)。
パコラは豆の味が濃いです。アルーボンダはジャガイモがずっしりと。 (^^;

06

炒め物は三種類。
これは アーンドラ・ミリヤラ・コーディ・ヴェプドゥ。
骨付きチキンを黒胡椒でスパイシーに炒めてあります。複雑な香りの組み合わせがお見事。

0708

アーンドラ・マトン・ヴェプドゥ は、羊肉のココナッツ炒め。
右は ゴビ・マンチュリアン。これはカリフラワーを中華風に炒めてあります。
こうして素材と味付けの違うものを食べ比べると面白いですね。
マトンも質や調理法がいいのでしょう。全然硬くなく、臭みもないのです。

09

香ばしい匂いとともにタンドール料理が運ばれてきました。 シーク・カバブ です。

10

アーンドラ・スペシャル・チャパティ にくるんでいただきます。
全粒粉の香りがまた羊の挽き肉と実によく合うんですよ。

11

スティック・マトン は、一口サイズのマトンをトマトと串に。
これもチャパティと相性がよいのです。トマトのほのかな酸味が味にアクセントを。

12

ここでスープが登場。 ラッサム です。
酸味がきいたトマトのスープ。黒胡椒のピリッとした刺激がいい。

13

ではメインのカレーをいただきましょう! カレーのお供は バスマティライス。
インドの最高級米です。パラパラに炊かれています。

14

カレーは四種類を注文。まずは三種類。
左は チキン・チェティナドゥ、トマトが入ってるのが トウガラシ・マトン。
その右が メティ・チキン。チキンのカレーではほうれん草がベースのメティチキンが好み。

15

某番組で紹介されたというトウガラシ・マトン。
魔神さんのレポでは羊肉が硬いと書かれていたけど、これは適度にやわらかく旨味もしっかり。
何種類も使った唐辛子が、味に奥行きを演出しています。
魔神さんが3月に行かれたときのレポは こちら

16

4つ目のカレーは魚のカレー。マラバール・フィッシュ・カリー です。
でっかいメカジキの切身がゴロゴロと入ってます。他に比べると、辛さは控え目かな。
マイルドなカレーが一品あると、何故かホッとする私(笑)。

17

バスマティライスにお好みでカレーをかけて、いただきます。
正直な話、何を食べても旨い・・・。
魔神さんのように、スパイスや具について言及出来ない自分自身がもどかしい。(-o-;
まだまだ経験を積まねば・・・。

1819

最後にデザートを二品。
極細パスタの入った甘い セミヤ・パヤサム と マンゴー・クルフィ というインド風アイス。
既に満腹でしたので、ほんの一口ずついただきました。

カレーにうるさい魔神さんが高評価な店だけあって、何を食べても旨かったです。
いつか土曜限定のビリヤニも食べに行かねばなりません!

ご一緒してくれたしょうさんの記事は こちら