01

総武線沿線でいい焼肉屋がないかとネットで探していた私。
すると亀戸と小岩に面白そうな店を発見! まずは亀戸の店にお邪魔してきました。

店名は「肉処 寛」。今年出来たばかりの新しい焼肉屋です。
予約は4人でお願いし、1人遅れていらっしゃるということで、最初は3人で入店を。

02

こちらは黒毛和牛を一頭買いすることで、希少部位を破格の値段で提供できるんだとか。
メニューを見ると確かに安い!

03

サイドメニューも安いですね。

04

飲み物をそれぞれ注文し、まずは 上タン塩・920円 をオーダー。
やっぱり焼肉はタンからですな。

05

適度な厚みでやわらかく、甘い肉汁がしっかり。値段を考えると、かなりお得感あります。
塩ダレの味の濃さも、私にはちょうどいいです。

06

続いて 上ロース・880円。

07

悪くないけど少しパサつきがあって、旨味に乏しいかな。特上にすべきだったか。 (^^;

08

次にこってり系から サーロイン・980円。タレと塩の両方で出してくれました。
最上級の部位だけあって脂の質も良く、口の中でとろけます。
ふむ、ここでは赤身系よりも脂身系を頼むのがいいかも。

0910

箸休めに キムチ・350円 と 玉子スープ・350円 も注文。

11

遅れてきた方も合流し、ここからは4人で。
上タン塩を再び頼んだ後、店オススメの 寛盛り・5500円 をお願いしました。
その日、その時、その皿によって、盛られる希少部位が異なる盛り合わせなんだとか。

12

私達が頼んだときは、うちハラミ、バラ下、亀の子。ザブトン、トモ下、肩三角。

13

メニューに載ってない希少部位まで入れてくれるのは嬉しい。
個人的には脂がしっかり入った部位が好みでした。

14

希少部位を堪能した後は、 牛すじ煮込み・350円 なんてものも試してみました。
これが私にはヒット! トロットロになるほどやわらかく煮込まれてます。

15

そして 幸せ肉・460円 と名付けられた切り落とし肉もいただきました。
中には希少部位の切り落としもチラホラ。

16

ここで私だけが〆に ライス(普通)・200円 を頼んで、焼肉丼を自作。
ピリ辛の牛スジや脂がのった切り落としを、米と一緒に食べると旨いのなんの!
日本人は米ですよ。

17

女性陣の〆は 杏仁豆腐・300円。
私は食べてないんですけど、味は多分普通かな。 (^^;

18

お酒の量がかなり少なかったせいもあって、一人当たり3000円ちょいで済みました。
CPは中々高いですね!
給料日前に猛烈に焼肉が食いたくなった時などに、また利用させていただこうと思います。