01

今日は「やまだや」のレポの続きを。ずらりと並ぶ名酒の数々。
しかし残念ながら下戸の私には、その価値は分かりません。 (^^;

02

定番の モモ唐揚げ です。
ご主人が全国から選び抜いた伊予水軍鶏という特別な鶏肉が使われています。
身はほどよくしまり、鶏自体の味が濃いんですよ。

03

こちらも定番の 手作り帆立貝クリームコロッケ。
勿論ベシャメルも自家製で、丁寧で作られております。

04

筍と白エビの香り炒め。
香ばしく炒められた筍と白海老、上に乗せられた糸唐辛子の食感の対比が面白い。

05

焼しろこ筍。
シンプルな料理だけに、素材の良さが分かりやすいですね。

06

パキッ!シャクッ!とした食感ですが、決して硬くはないのです。
焼くことで、生よりも甘みが増しますね。

07

とりすき鍋(1.5人前)。
こだわりの鶏肉のもも肉、胸肉、皮やモツやきんかんが土鍋一杯に。

08

鶏肉やモツは言うまでも無く、玉ネギやジャガイモなどの野菜やお麩が驚くほどの旨さ!
この鶏からでる旨味の濃さが、伊予水軍鶏の魅力の一つなのでしょう。

09

真ふぐの白子昆布焼 はあっさりとポン酢で。

10

目光のロースト は、どこから撮るのが正解か分からない盛り付けで登場。

11

メヒカリの身の間には、一工夫されて白海老が。香りと食感にアクセントが生まれて旨いっ!

12

〆の筍ご飯のお供は海苔の味噌汁とアラ汁から選べまして、私は味噌汁を選択。

13

一口毎に、口一杯に広がる筍の爽やかな香りと濃厚な甘みに、うっとりさせられたのでした。

14

最後に幹事さんと店の粋な計らいで、ご一緒された方へのサプライズプレゼントも。
舌だけでなく、心まで満足させていただいた夜でした。