01

本日は「新宿のみや」の続きを。
絶品レバ刺しの旨さの余韻が残る中で、注文を続けます。

02

串焼盛り合わせ・1500円 を2人前注文しました。盛り合わせには6種類の串焼きが。
こちらはシロ(小腸)、カシラ(頭)、ハツ(心臓)。
あまりに大きくカットされたシロに驚かされました!
味と鮮度に自信があるからこの大きさなんでしょうか?
さすがにこれだと油っぽく感じるのでは!?と思いつついただいてみると

・・・やっぱり油っぽい(笑)。さすがに適量というものがありますよね。
あともう少し火を入れてくれたらちょうどいいかな。 (^^;

03

こちらはミノ(第一胃)、ギアラ(第四胃)、しびれ(リードボー)。
脂のノリはいいものの、どれも歯ごたえがあり過ぎました。串から外すのも一苦労。 (^^;

04

串焼きに合わせてサラダも。さっぱりした じゃこと水菜のサラダ・700円 です。

05

もつ煮込み(塩味)・500円。
あっさりした味付けなので、もつの旨味がよく判ります。

06

キムチと獅子唐とともに出されたのは はらみ焼・1200円。

07

火を通すと脂がとけて、旨味がはっきりとした美味しさになりますね。
ピンク色のレアな感じが実に私好み。ホースラディッシュがよく合いますよ。

08

たっぷりの玉ネギの上に盛られた 霜降りタタキ・1200円 はポン酢でさっぱりと。

09

〆はテールを6時間煮込んで作られたスープを使った 和牛テールおじや・650円。

10

テールからいいダシが出てました!
薄味なので最初は物足りなく感じるのですが、最後はちょうど良く感じる塩梅に。
巧みな計算がされた味付けでした。

11

最後になるかもしれないレバ刺しを食べられて幸せでしたが、同時に寂しさも。
6月末までにあと2回ぐらい食べておきたいです。

ご一緒してくださったまいたーんさんの記事は こちら
らいぽさんの記事は こちら