01

ランチのカレーを食べて好印象だった「はじめ鮮魚店」に、7月中旬に再訪してきました。
今回は夜に二階の座敷席を予約して、9人でお邪魔を。

狭いですが一階では立ち飲みが出来まして、気軽にフラッと寄るのに良さそうなんですが
喫煙可なのが私にはネック。狭いと煙から逃げようがありませんからね。

02

二階の座敷席は12人ほど入っても快適に過ごせそうな広々としたスペース。
もちろんエアコンも完備しているので、猛暑でも安心です。 (^^;

ちなみに二階席を予約するときは、3500円以上のおまかせコースを注文することになります。
お酒など飲み物は別料金で、飲み放題などは無し。
料理は値段によってグレードが変わるということで、今回は4500円でお願いしてみました。

03

まずは小鉢が3種類運ばれてきました。
生しらすとメカブ、鰯の梅煮。しらすは鮮度がいいですね。

04

中でも気に入ったのは旬の鰯を使った梅煮。身は脂がのって、梅の酸味が絶妙です。

05

続いて豪華な刺盛がドドン!と登場。こちらで3人前です。
手前からトコブシ、平貝、ウニ、海老、タコ、中トロ。のどぐろ、アオリイカ、マグロ赤身。

06

鮮魚店と名付けるだけあって、刺身の質は高いですね。
3人前だけど、必ずしも3切れずつでないのが面白い。喧嘩せずにいただきましょう(笑)。

07

本マグロも美味しかったけど・・・。

08

驚いたのはタコの美味しさ。佐島のタコだとか。弾力があり、甘みと香りが実に豊か。
一つ残念だったのは、刺盛に旬の鰯や鯵がなかったこと。

09

お次はメイタガレイの唐揚げ(3人前)。

10

鶏皮とせせりの焼き物(3人前)は、瑞々しいトマトと一緒に。

11

〆にはイカニンジンと、出汁がよくきいた鮭茶漬け。
コースをいただいた感想としては、魚や鶏肉など素材の良さは間違いないですね。
快適な二階席を貸切に出来るというのも大きなポイント!

そこに「河岸頭」のような圧倒的なボリュームと、豪快さの中に隠れた繊細さだったり
「やまだや」の華やかで洗練された料理の豊富さに負けないような、何か強烈な魅力が加われば
あっという間に人気が出て、予約が取りにくい店になりそうです。

ご一緒してくれたかなめさんの記事は こちら
6月に一階で立ち飲みされたこぶたちゃんの記事は こちら

12

おまけで最近場外に出来た穴子丼の店「つきじ 芳野」のお弁当の写真を。

13

店内で出来立ての丼を食べる方が美味しいと思いますが、お弁当もかなりの旨さです。
仲間内で評判なのも納得!「鳥藤」のとり弁当に負けないぐらい人気が出るかも!?