01

今夜は8月3日にあげた記事の続きを。
「蘭州」で美味しい餃子をいただいた後、友人と合流して呑んべ横丁のこちらへ。

二軒目にお邪魔したのはおでん屋でした。その名も「おでんや」。

02

店内は落ち着いたレトロな雰囲気。友人と並んでカウンターに座りました。
こちらはお酒の種類が豊富で、自家製の梅酒なども美味しいと評判ですが
私の注文はやっぱりウーロン茶。 (^^;

03

注文は 牛すじ煮込み・600円 から。
コクのあるデミグラスソースの中に牛スジが。

04

牛スジはトロトロのやわらかさ。
ソースがほんのり甘く感じるのは、隠し味に味噌でも使っているのかも。

05

続いて とりわさ黄味あえ・600円。
鳥のささみと水菜、ミニトマトがたっぷりと。

06

ささみは半生で、絶妙の火の通り。
爽やかなわさびソースに卵黄が加わって、まろやかだけど後味はさっぱり。

07

お品書きを見て反射的に注文してしまった カレーオムレツ・500円。
ただカレー粉を入れるだけでなく、丁寧に下ごしらえされたカレーを使う本格派な味。
ふわふわとろとろの仕上がりがお見事。

08

そろそろおでんを頼みましょう。おでん用の調味料の器がお洒落ですね。
カラシと甘だれ、赤いのはピリリと辛いかんずりです。

09

注文したのは 大根・150円 、すじ・200円 、がんも・200円 に つみれ・150円。

美しく澄んだダシは魚介の旨味がしっかり出ながらも、塩分は控え目。
すじは牛スジではなく、はんぺんを作るときに出る鮫のスジのこと。
関東では一般的なおでん種なんだとか。軟骨が入ってコリコリした食感です。

10

じっくりと煮られた大根はホクホク。素朴で優しく、滋味深い。実によかった。

11

おツユがたっぷりしみこんだがんもは、油っぽくないのが嬉しい。
つみれはプリプリした食感が私好み。

12

最後に頼んだのは のり・200円。

13

上品なダシと海苔の香りが相まって、なんともいえぬふくよかな風味!
鮮やかなグリーンは目にも美味しい。これは〆に最高でした。

14

コースターが可愛いですね。
立石にやって来たときに、またふらっとお邪魔しようと思います。