01

湯島の路地裏に、中々予約の取れない和食の人気店があります。
夜だと軽く1万円を超えますが、昼なら格安の値段でランチがいただけると聞きまして
二ヶ月前の6月に予約して、8月初旬にようやく訪問することが出来ました。

看板が出ていませんが、店名は「くろぎ」といいます。
ランチは11時半からと12時半からの二部制で、今回は後半の部に二人でお邪魔を。

02

いただいたのは 鯛茶漬け・1000円。 昼のメニューはこれ一本。
胡麻だれに和えられた鯛の切り身とツヤツヤのご飯。
それに出汁巻き玉子と小鉢、味噌汁、香の物が付きます。

03

ほどよく脂がのった鯛の身には胡麻だれがしっかり馴染み、大葉と山葵がよいアクセントに。

04

まずは鯛とご飯だけでいただきます。この値段だとさすがに天然物ではないでしょうけど
熟成されているのか身はやわらかく、旨味が濃いです。まろやかな胡麻だれとの相性も良し!

ご飯が大変美味しくて、瞬く間に一膳食べ終えてしまいました。
しかしご飯が無くなってもご心配なく。嬉しいことに何度でもお代わりできるんですよ。
しかもお替り自由なのは、ご飯だけではありません。鯛もです!

05

鯛だけでなく、小鉢の白身の南蛮漬けや味噌汁もいいお味。
おかずが豊富なので、ついついご飯が進んでしまいます。 (^^;

06

二度ほど鯛とご飯をお代わりして、最後はお茶漬けを楽しむことに。
緑茶を注ぐと鯛に熱が加わって、また新たな美味しさが生まれますね。

07

鯛茶を心ゆくまで堪能したら、デザートがお茶とともに出されました。

08

この塩のアイスがまた絶品。ミルクの甘みと塩気のバランスがお見事!
正直鯛茶以上に強烈な印象を私の中に残しました。

09

お土産にその日の夜の献立表をいただけます。
豪華なメニューがズラリと並んでますね。 (^^;

10

昨年12月の夜に行かれたまいたーんさんの記事は こちら

夜の予約は半年以上先まで埋まっているという話ですが、私もいつか・・・。