01

豚骨ラーメンの「一風堂」が手がけるチャンポンの店が銀座にあります。
その名も「ハカタノチカラ」。長崎とは異なる博多スタイルのチャンポンなんだとか。

02

昼のメニューはこちら。初回なので、オススメと書かれた一品をいただくことに。

03

名物チャントン・880円 です。レンゲでかっ(笑)!

04

まずはスープをいただくと、豚骨ベースのあっさり味。
魚介はかなり控え目ですね。これが博多スタイルってことなのかな。
サラッとして、ご婦人や年配客にも受け入れられそうです。
場所柄を考えて、この飲みやすいライトなスープなんでしょうね。

そのスープにはモヤシやキャベツなどの野菜や、かまぼこ、イカゲソなどの具材が。

05

そして具の主役は迫力あるトンカラ(豚肉の唐揚げ)。
いただいてみるとニンニクと生姜の味が強烈!
凄いジャンクな味付けです。これは魔神さんには薦められませんね・・・。(^^;

06

麺は一般的なチャンポンの麺よりやや細めの中太麺。
ほどよくコシがあり、スープのノリもまずまず。
味の濃いトンカラをおかずに麺を食べるような感じですが、結構旨いなぁ。
ニンニクや生姜って中毒性が高いので、ハマる人はハマると思います。

07

途中で味に飽きたら、卓上の調味料を使うのもアリですよ。
カレーパウダーとか面白いですね・・・。私も試せばよかった。(^▽^;)