01

先週の土曜も築地に行ってきました。三連休の中日とあって、いつも以上の大混雑!
写真はそんな人混みの喧騒を忘れさせてくれた場所からの一枚です。

02

今回は 馳走に屋号に意匠あり のまさぴさん、 ザルツブログ のseppさん、
つきじろうさんと待ち合わせして食べ歩きを。一軒目にお邪魔したのは「かとう」です。

お品書きの中に好物の まながつお の文字を見つけ、注文は即決!

03 04

料理が出来るのを待つ間、つきじろうさんにお裾分けしていただいた たらの白子 を。
熱々なのが嬉しい! 先週食べ損ねた「天房」の白子天も近いうちに食べたいものです。

05

私の注文した まながつお西京焼定食・1600円(単品注文だと1350円) が運ばれてきました。
ご飯はつきじろうさんと半分ずついただきます。

06

白く輝くマナガツオの身は甘みが強く、どこまでも上品な味わい。
西京漬にすることで余分な水分が抜けて身が締まり、旨味をより濃く感じさせてくれます。
ほのかに香る西京味噌の香りがなんともたまりません・・・。

07

つきじろうさんの注文された 金目鯛の西京焼 も少々いただいて食べ比べを。
うむ・・・、こちらも美味! 旨味の輪郭が判り易いのは金目鯛の方かな。
どちらも脂がのった皮目の部分が一番旨いですね。

「かとう」を出た後は、場内をつきじろうさんに案内してもらいながら買い物を。
サヨリの鮮度の判別法や、マグロについての豆知識など色々と教わりました。

08

たしか場内を一時間ほどブラブラしたかな?
途中で 大食い茶屋 の釣りキチ四平さんにも合流していただき
やってきたのは場外の「長生庵」。蕎麦屋なんですが、天ぷらも評判なのです。

09

私が注文したのは かきの天ぷらそば(温)・1300円。かき天は別添えしていただきました。
ここでは冷たい蕎麦をよくいただくのですが、温かい蕎麦も鰹の出汁が濃厚に出ていいですね。
柚子と三つ葉の香りがいいアクセントに。

10

ふわりと揚げられた牡蠣の天ぷらを、まずは塩でいただきます!
中は程よいやわらかさで、牡蠣の旨味が損なわれていません。蕎麦屋なのにレベル高いですよ。
ヘタな店だと牡蠣のエキスが抜け出てる上に、硬かったりしますよね。 (^^;

11 12

美味しい蕎麦を食べた後は、喫茶店の「ぎんぱ」を初訪問。
ご夫妻の作り出すゆるやかでまったりとした雰囲気がとてもいいですね。
初めてお邪魔したのに、まるで何年も通って来たような居心地の良さ・・・。

6人ほどしか入れない小さな店なんですが、きっとその小さいところがまたいいのでしょう。

13

一服した後は、チョウさんの記事(こちら)に釣られて共栄会ビルで行われてたイベントに。
ハートランドの「のみのみくいくい」 のハートランドさんもここから合流を。

ドリンクメニューはグラスワインと生ビール、ソフトドリンクが一律500円。
フードメニューには海老フライや白身フライが入った 魚介のおつまみ・600円 がありまして
入場時に1100円支払うシステム。飲めない私はウーロン茶でお願いしました。

14

私など比較にならないほど築地に詳しく、築地を愛する方々に興味深い話をたくさん伺えて
とても楽しい時間となりました。
ザルツブルグから一時帰国中のseppさんのお話も、大変面白かったですよ。

15

会場で解散となりましたが、何か忘れてるような気がして四平さんと「フォーシーズン」へ。
デザート代わりに コーヒーフロート をいただいたのでした。

最後にマスターとの他愛無い(?)会話にも癒されて大満足。
やっぱり土曜の築地に来たら、ここで〆なくてはいけませんね(笑)。

この日のつきじろうさんの記事は こちら
ハートランドさんの記事は こちら
四平さんの記事は こちら