01

以前から一度お邪魔してみたかった「富田食堂」にやってきました。
全国にその名をとどろかす「中華蕎麦 とみ田」から歩いてすぐの場所にあります。
ここはその「とみ田」のセカンドブランドとして、2010年に開店。
極寒の中でも1時間、2時間待ちが当り前のあちらとは違い、
食事時を外せばそれほど待たずに食べられるのがこちらの魅力です。

02

メニューはこちら。
私は券売機でつけそばの(中)を購入。トッピングで特製もいきますかね。

03

特製つけそば(中)・1030円 です。こちらでは具にワカメが乗るんですね。
つけダレを少し飲んでみるとかなり甘めの味付けで、お酢の酸味と胡椒が後味に効いてます。
濃厚な動物+魚介系の「とみ田」とは違い、ライトな出汁を調味料が補ってる感じ。

04

麺は細麺で全粒粉入り。しなやかで細くとも適度に弾力があり、水切りも完璧。
しっかり甘みがあって、小麦の香りも豊か。麺だけでも食べられる美味しさです。

05

「とみ田」というよりは「大勝軒」ライクなつけダレですが、麺が旨いので箸が進みますね。
最近年齢のせいか、濃厚系のつけ麺を好んで食べなくなった私にはちょうどいいかも。
つけダレに物足りなさを感じながらも、280gの麺がすぐに消えてしまいました。 (^^;

全く関係ない話ですが、先日TVで彦摩呂さんが 『 持ち上げ六段 』 を自称されておりました。
私も三級ぐらいはありますかね?(笑)。

06

こちらはツレが頼んだ 味玉中華そば(並)・750円。
寒過ぎる今の時期は、つけ麺よりもラーメンの方が美味しく感じられるかも!?