01

2月9日は 『 肉の日 』 ということで、お邪魔したのは神田の「東京ブッチャーズ」。
当日の15時に電話をすると、オープンの16時から19時までなら一卓空いているということで
3人で突撃してきました。

02

注文は肉一本狙い!
・・・実はこちらの前に既に一食済ませていたので。 (^^;

03

しかし肉だけではキツイかもと思い、 肉屋のポテトサラダ・500円 もオーダー。
ポテサラを食べてみると、スモーキー!
てっきり上に乗せられたベーコンのものかと思いきや、ポテサラ自体にも燻製の良い薫りが。

04

さて肉の登場です。まずは 豚肩ロース180g・780円。
狙いは牛肉でしたが、豚肉の実力も知りたくて一番小さいサイズのものを。
炭火で焼かれた肩ロースは程よいやわらかさで、あっさりした味わいの中にも旨味があります。

05

そして ブッチャーズリブ460g・2500円 がドドン!と登場。
写真だと迫力が伝わり難いかな。上の写真とトマトの大きさは同じだと思ってください。

06

より大きさが伝わるアングルでもう一枚。姑息なテクニックを使ってみました(笑)。
写真を撮り終えたら、店員さんが脂身と赤身を分けて器用にカットしてくれます。

07

こちらも炭火でじっくり時間をかけて焼いてくれるので
国産牛ではないのにやわらかく仕上がってます。
後半は脂の重さが少し気になったものの、赤身の美味しさは値段以上のもの!
肉食家3人にかかれば、合計640gの肉が無くなるのも一瞬でございました(笑)。

個人的にはもっと値段が上がってもいいから、より良質な肉も食べてみたいところ。
今後に期待します!

08

こちらの前にお邪魔していたのは、ずっと再訪したかった店でした。
そちらの記事は次回に!

その鮨店に誘ってくださったまいたーんさんのこの日の連食記事は こちらこちら
もう私が書くことがないほど完璧な鮨レポートをあげてくださってます(泣)。