33

神田で塊肉を食べる前は溜池山王におりました。
昨年6月にもお邪魔していた「寿し処 寿々」に、友人と再訪していたのです。

02

前回(記事は こちら)はコース料理の しおさい をいただきました。
今回は握りから おまかせ・7000円 を注文。

03

掘り炬燵式のカウンターに並んで着席。

04

始まりは前回同様、茶碗蒸し から。
優しい味わいにホッとさせられます。好物の百合根が入ってるのが嬉しい。

05

一貫目は 平目。
しっかり熟成させることによって生まれた力強い旨味に、のっけからかまされました!

06

お次は好物の 金目鯛。
脂が十分にのって、まろやかな甘みにうっとり・・・。序盤から攻めてきますね。
私の大好きな「都寿司」、「寿司大」の金目にも負けない旨さ!

07 08

本マグロ赤身。 壱岐で上がったものだとか。
左は私の。右は隣の女史に出された握り。

『 これに乗せたら撮りやすいんじゃないですか? 』

ご主人がそう言って、女史にお皿を出してくれました。
さりげない気遣いが素敵。私が女なら、きっと惚れていたことでしょう。

09

大トロ は贅沢にも霜降りの部位が。昼でも素材には妥協しないですね。

10

ここで再び白身が。 ほうぼう です。
平目同様に目一杯熟成されてます。熟成させてもほどよく水分を残しているのが見事!
でもこちらクラスの名店であれば、出来て当り前の話なのでしょうね。

11

美しいフォルムと輝きにハッ!とさせられる サヨリ。
爽やかな味わいの中に存在感のある旨味。これを食べると春が待ち遠しくなりました。

12

紫雲丹 は口に入れると、淡い磯の薫りとともに純粋な甘みがスッと消えいくような・・・。

13

寒い時期に何度でも食べておきたいのがこの 鯖。
個人的に脂のコクや甘さは本マグロよりも好みかも!?
女史の鯖の方がよりフォトジェニックだったので、記事に使わせていただきました(笑)。

14

後半に入りまたもや 大トロ が。今度はスジとスジの間にある部位。
丁寧にスジを剥がしてあるので、ハガシとも呼ばれるのだとか。
これも実に旨かった! 女史の感想の通り、驚くほど後味がすっきりしています。

15

記念(?)すべき十貫目は 車海老。
ふんわりとした優しい食感で、甘み豊か。

16

赤貝 は驚いたことに宮城県閖上(ゆりあげ)で獲れたもの。
国内でも最高品質なんじゃ? 食感の素晴らしさと潤沢な薫りに、思わず仰け反る私(笑)。

17

玉子 は白身も使われているのかと思いきや、芝海老だけだとか。
しっとり滑らかな舌触りと、上品で澄み切った甘さがなんとも魅力!

18

前回と同じく終盤で登場するのが意外だったのが 小肌。
食べる前から絶品なのが判りました。なぜなら先に食べた女史が悶絶していたのです(笑)。

19

温かい あら汁 でいよいよ宴も終りかと思いきや・・・。

20

穴子 が塩とツメの両方で!
どちらも見事な身の厚みじゃないですか。

21

塩もツメも甲乙つけ難い美味しさ。
穴子がのどを通った後に、帰ってくるようにほのかに香る柚子がまたいい仕事を。

22 23

鉄火巻とかんぴょう巻 で握りは〆を。
かんぴょうは一つはそのままで、もう一つはワサビをもらって・・・。
やっぱりかんぴょう巻にはワサビが合いますね。

24

最後はデザートの ほおずき。
甘みの中のさっぱりした酸味が、〆になんともふさわしく心地よい・・・。

34

再訪してますますこの店が好きになりました。
季節が変わった頃に、また気の合う仲間とお邪魔したいです。

今回誘ってくださったまいたーんさんの記事は こちら
コメント欄にかかれた
『 参加者のうち1人はこの後3店目へ・・・。私には足元にも及びません!!! 』
ちなみにこの参加者とは私のことではないので、この日の三軒目の記事はございません(笑)。