01

4月上旬、森下で名店のハシゴをしてきました。一軒目に訪れたのは焼肉の「静龍苑」。

02

こちらの名物的存在の タン塩 を中心にオーダー。後が控えているので、品数は少なめに。
タン塩の上に乗せられているのは ハラミ塩。

03 04

注文はナムルや炙りユッケの他に、 中タン塩 と 並カルビ を。
この日はタンの脂のノリはよかったけれど、ハラミとカルビに肉の味わいが乏しく
いつもほどの美味しさではなかったかな。

ここはタンに比べると、正肉がちょっと弱いんですよね。 (^^;

05

「静龍苑」を出た後は、近くにある「山利喜」へ飛び込みで。
運良く地下の席に空きがあり、待たずに入店することが出来ました。

06

もう一軒お邪魔する予定でしたので、ここでも注文は軽めに。

07

やっぱり「山利喜」に来たら 煮込み は外せませんよね。
玉子 も追加でお願いしました。

08 09

煮込みにあう ガーリックトースト も忘れずに! 個人的にお気に入りの こはだ酢 も。

10

この時期食べておきたい ホタルイカと分葱のヌタ。
ここのヌタは酢味噌がいい味してるんですよ。

11 12

最後は 初かつおタタキ をいただいてこちらを後に。
「山利喜」にはまたゆっくり出来るときにお邪魔したいです。

13

さぁ、「山利喜」の中盤からまいたーん女史にも加わっていただき
三軒目にお邪魔したのはピザの有名店「ベッラ・ナポリ」。

14 15

飲み物はミネラルウォーターを二種類注文。
右の写真は席料代わりの トマトのブルスケッタ。

16

ここでも注文は私が担当を。
魔神さんの5年前のレポ(こちら)を読んで、予習は済んでおります(笑)。
一番人気の吉田牧場のモッツァレラを使ったマルゲリータは、残念ながらメニューに無し!
聞くとこの日は入荷がなかったそうです。

16

一枚目のピザは ルッコラ エ プロシュット。 ルッコラとプロシュット(生ハム)が乗ったピザ。
早速いただくと、最初に口に入るプロシュットの旨いこと!
それがパルメザンチーズの香りと相まって、奥深い味わいに。
その後に生地の小麦の風味がふわっ!と広がります。

17

続いて リピエノ。
三日月の形をしたピザの中には、コクのあるリコッタチーズがたっぷりと。

18

まだまだいきます! 三枚目は クアトロ フォルマッジ。
モッツァレラ、ゴルゴンゾーラ、タレッジオ、パルメザンの4種のチーズ。

うん! 旨いんだけど、チーズ&ピザともにあまりいいものを食べ慣れていない私には
それがどの程度の美味さなのか、よく判らないのが哀しい(笑)。

19

最後に頼んだ マルゲリータ コン モッツァレラ ディ ブファラ。
これも勿論美味しかったのですが、モッツァレラがあまり印象に残らなかったかな?
ナポリから直送しているので、日によって鮮度に大きく差が出てしまうんでしょうね。

魔神さんによると、ピザは高温多湿な梅雨の時期が旨いそうなので
次回お邪魔するのは6月かな?
そのときは美味しく食べるためにも、ハシゴの最後に持ってくるのはヤメようと思います(笑)。

この夜ご一緒してくださったメタbowさんの記事は こちら
一品一品の料理に対し、私よりもはるかに鋭い考察をなさってます。 (^^;

「ベッラ・ナポリ」の後、お邪魔しようとした女史おすすめのモツ焼き屋(記事は こちら)が
売り切れで閉店していたのが実に残念! いつかまとめてリベンジしなければなりませんね。