01

先月末に訪れたのは、勝どきにある「かねます」。
立ち飲みでありながら、高級素材を使った和食料理を食べさせてくれる面白い居酒屋です。

02

今回は二人でお邪魔。私は珍しく 瓶ビール を注文。ツレはハイボールを。

03

黒板に書かれたお品書きの字が達筆!
読めない方の為に解読(?)いたしますと、右から

生ウニ牛(肉)巻き、毛蟹サラダ、オコゼ刺身、岩牡蠣刺身、マグロ、蒸し鮑。
ハモ刺身、コロッケ、レンコン万寿(饅頭)、シマアジたたき、冷やしトマト。
じゅんさい、シャコ、茄子田楽、あなご焼、生湯葉、箱すし、牛煮込み、ハモきゅう。

04

とりあえずすぐに出せそうなものを注文。 はもきゅう・800円。
ハモの皮を使ったさっぱりした酢の物。ほんのり甘めの上品な味付けでした。

05

続いて 生ゆば・1200円。
キンと冷えたお皿の中央に生湯葉。右脇に添えられているのは、私の好物の百合根。
ワサビはもちろん生の本山葵。

06

いい大きさの鮑や海老まで入った贅沢な一品。

07

全盛期の野茂の投球フォームを彷彿とさせる湯葉トルネード(笑)。

生湯葉はフルフルした食感で、なめらかな舌触り。
京風の優しく繊細な味わいのあんかけが美味くてたまらないですよ。

08

はもさしみ・1800円 は梅肉で。

09

鮮烈な赤がなんとも美しい・・・。
巧みに骨切りされたハモは、身のやわらかさの中の適度な弾力が心地よく
淡白な旨味を梅肉の爽やかな酸味が引き締めます。

10

こちらの名物とも言われる 生うに牛巻き・2000円。
その名の通り、生ウニが牛肉で巻かれています。

11

牛肉は表面を軽く炙ってあるみたいですね。

『 美味いものを美味いもので巻いて食べりゃあ、そりゃ美味いに決まってる! 』

なんてのは私のような素人の乱暴で浅はかな考え。
個性の強い素材同士では、互いに邪魔して食えたもんじゃないはず。

12

醤油をほんの少しだけつけていただきます。

おおっ!・・・美味い(笑)。
最初にウニの濃厚な甘みがふわっ!と広がり、その甘みがスーッと引いた後に
牛肉の力強い旨味が、脳にゆっくりと確実に伝わってきます。

ふむ。これはきっとウニと牛肉それぞれの相性を考えて選んでいるのでしょう。
ウニは甘みが弱いと存在感を感じられないし、
脂の個性が強すぎる牛肉ではウニと合わないでしょうね。

13

そろそろ〆に入りますかと頼んだのは 箱すし・1200円。
なんだかもう見た目からして美味しいのが想像できませんか?

『 美味しいものって美しい! 』 ってのはその通りなんですが
『 美しいものが必ずしも美味しいとは限らない 』 というのが私の自説。

さて、今回はどうでしょうか?

14

・・・やっぱり美味い(笑)。
一際目立つシマ海老は甘み豊かで、プチプチの卵がいい。脇役のはずの椎茸がまた美味い!

15

箱すしと名付けられてはいるものの、シャリは薄く敷かれているだけで
マグロやシマアジ、真鯛、平貝がどっさりと盛られています。
そしてそれぞれの素材の質も高いのが、食べてみればわかりますよ。

16

もういい具合にお腹もふくれていたのですが、中々来られる機会もないのでもう一品。
あなご焼・1500円 をいただきました。

タレの焼ける香ばしい薫りとともにやってきた穴子。その大きさに驚き!

17

肉厚な身はパリッ!と焼かれ、箸を入れると脂がジュワッとはじけます。

18

薫り高い本わさびをたっぷり乗せても、全然辛くない・・・。
ツレは既にお腹一杯だったので、ほとんど私が食べましたが、最後まで美味しく完食。

この穴子も 『 一食の価値ある一品 』 でございました。
ここには食べてみたい料理がまだたくさんあるんですよね。近いうちに再訪したいです。