01

先週の火曜、朝7時に築地へやって来ました。
まずは「高はし」に来て、店頭に貼られたメニューをチェック。

02

するとここでは未食の あゆの塩焼き の文字が。
一度食べたいと思ってたんですよ。店内も空いていたので入店することに。

03

注文したのは あゆ塩焼定食・1000円 と 私の大好物の あなごにこごり・500円。
刺身も少し食べたくなって、 ほたて貝刺身・600円 もいただくことに。
鮎用に蓼酢が付いてきます。鮮やかなグリーンが目を惹きますね。

定食に付いてくるカボチャ、大根、里芋の小鉢もここの楽しみの一つ。

04

鮎が焼けるのを待つ間、ホタテと煮こごりをつまんで待ちます。
ホタテは甘み強く、海苔と一緒にいただくと磯の薫りが爽やかに。

05

前日穴子が売れ残ったときだけ登場するという穴子の煮こごり。
固まってゼラチン状になってますが、舌の上に乗せるとサラリと溶けるんです。

正直、あなごのやわらか煮より好きなんですよね。 (^^;

06

お待ちかねの鮎が焼き上がって、味噌汁とご飯とともに運ばれました。
こちらでは愛知産の養殖の鮎を使っているとのこと。

例えば刺身定食に何か一品付けたいときなどに、気軽に注文できる値段で提供するため
あえて養殖モノを使っているのだとか。

07

しかし養殖モノでも「高はし」で扱うだけあって、品質はいいですね。
身は勿論、ワタも臭み無し。パリッと焼かれた皮目の部分にしっかり脂がのってます。

このままで旨いので、蓼酢も大根おろしもほとんど使わずに食べてしまいました。 (^^;

08

穴子の煮こごりはご飯にも乗せて・・・。
残った煮こごりを全部乗せて、煮汁ツユだく状態にして食べるとまた旨いですよ。

「高はし」が7時から営業してくれるのは嬉しいですね。
寒くなる前にもう一度ぐらいお邪魔したいです。

09

場内から場外へ移動し、「寿司清 新館」の隣に出来た「米本珈琲」へ初訪問を。
築地では珍しく、こちらには禁煙席が設けられているんですよ。

10

メニューはこちら。

11

私は甘いものが食べたくなって、 きなこ&黒蜜ソフトクリーム・350円 を注文。
ツレは ヤサイジュース・280円 を。

12

アイスの上にかかっているのは、どう見てもきな粉だけだよなぁ。
黒蜜かけるの忘れたのかしら・・・(笑)。

ヤサイジュースを少し飲ませてもらいましたが、市販のジュースっぽいですね。 (^^;
やっぱり珈琲屋ではコーヒーを飲まなきゃダメか。

13

気になるメニューを見つけまして、誰も食べていなければレポしようかと思いましたが
既にハートランドさんが召し上がっておられました。

その記事は こちら
この日は私と同じく「高はし」⇒「米本珈琲」の流れだったようです。