01

「小田保」、「高はし」とハシゴした後は、「フォーシーズン」でお茶。
その後に有楽町まで散歩などしていたら、昼過ぎには胃袋にもやや余裕が。
というわけで遅れて築地にやって来たツレと「河岸頭」へ。

02

ランチはこの築地場外丼やシラス丼などの海鮮丼か、鮪のアゴ煮定食しかないのですが
胃袋的にお米はキツい・・・。なのでちょっとワガママを言った私。 (^^;

03

閉店間際の忙しくない時間帯ということもあり、こんなものを作っていただきました。
甘鯛の鱗焼き です。見事な大きさですね〜。

04

『 一匹丸ごと行きますか! 』 という社長の橋本さんの声を遮る様に
『 半身でお願いします! 』 と叫んだ私(笑)。

05 06

ウロコはパリッと香ばしく焼かれ、その下の身には名前通りの甘い脂がたっぷりと。
これ美味かったな〜。

07

ここに来たら、刺身も食べないと帰れません。おまかせでお願いすると、豪華な刺盛が。
中央は中トロ。その下に赤身。この日の鮪は大間産。
そこから時計回りにカマスの炙り、ヤガラの炙り、マツカワ鰈、ノドグロの炙り。
サーモン、ブリ、オニカサゴ。そして生シラス。

08

アングルを変えてもう一枚。
毎度のことですが、「河岸頭」の刺盛は食べるのが勿体無いほど綺麗です。

09

どのネタも美味しかったけれど一番印象に残ったのは、皮目を軽く炙ったヤガラ。
生と火の入った部分の食感のコントラストと、スッキリした品のある甘みと薫り・・・。

同じ炙りでもカマスやノドグロの強烈な脂の旨味とは、また違った美味しさですね。

10

生シラスも忘れちゃいけません。

『 醤油を使わず、酢橘だけを軽く絞って食べてみてください。 』 と橋本さんが。

11

するとシラス自体の甘さがクリアに感じられて美味!
後味を酢橘の爽やかな酸味がキュッ!と引き締める感じ。なるほど、これはイイ・・・。
この時期のシラスは身が大きくなってるので、生姜醤油よりもこの食べ方が合うかも。

朝からの贅沢すぎる一日は、「河岸頭」で完結しました。
こちらには近いうちに夜にもお邪魔したいところです。