01

少し前の週末、久々に「いさと」へやって来ました。
市川駅からバスに10分乗り、さらに数分歩くと辿り着きます。
一見ただの民家と見紛いますが、千葉でも屈指の蕎麦の名店なのです。

02

「SOBA ISBA いさと」が正式な店名。ISBAとは英語で小屋という意味。
予約がないとまず食べられないほど人気なので、来店の際は必ず電話をどうぞ。

昨年の春に訪れたときの記事は こちらこちら

03

今回は二人での訪問。
ゆったりと足を伸ばせる掘り炬燵の席に座らせていただきました。

04

私が頼んだのは、ざる、おろしざる、鴨ざるの三種が味わえる
参ざるコース・3500円。
ツレは 鴨ざるコース・2200円 を。

05

お茶と一緒に出されたのは 隼人瓜のぬか漬け。
パキッとした食感が心地よい、あっさりしたぬけ漬けでした。

06

コースの始まりは 焼みそ から。
焼けた味噌は香ばしく、中には蕎麦の実がたっぷり。
刻んだ葱や松の実がまたいい仕事をしています。

・・・これ飲兵衛にはたまらない酒のつまみになるでしょうね。

07

続いて 玉子焼。 こちらで二人分。
蕎麦の芽が乗せられています。付け合せにトマトも。

08

中には鴨肉の味噌煮のそぼろが入ってます。
焼く時にも鴨の脂を少し使うことで、香りとコクを出しています。
ふわふわとろとろで、ちょっと甘めの味付け。
大根おろしと蕎麦の芽といただくと、後味が爽やかに。

09

さぁ、メインの蕎麦をいただきましょう。
ざる用のツユと、おろしざる用のレモン。鴨ざる用には柚子の皮が。
もちろん、生山葵や葱などの定番の薬味も用意されます。

10

お待ちかねの蕎麦が運ばれてきました。
この日の蕎麦は、北海道は摩周のもの。
うっすら緑がかった粗挽き蕎麦との久々に対面に、心躍る私。
とりあえず何もつけずにそのままいただきます。
・・・美味い!

エッジが立った蕎麦を口にふくむと、薫りがふわっと鼻に抜け
甘みがゆっくりと舌の上に広がります・・・。
蕎麦の表面が滑らか過ぎないのも、旨さの秘密の一つなんでしょうね。

11

ツユは黒糖、みりん、二種の醤油を一年半以上寝かせて角をとったカエシに
上質の昆布と鰹節をたっぷり使ったダシと合わせた旨味の濃いもの。
蕎麦の半分ほどをつけて食べるのが、私には丁度良かったかな。

二枚目の蕎麦はそのツユにレモンを絞り、大根おろしを入れてさっぱりと。
見た目が全く変わりませんので写真は割愛いたしますが、そちらも美味ですよ。

12

最後の鴨ざるです。
私が二枚の蕎麦を食べるのを眺めていたツレも、ようやく食べられます(笑)。
温かいツユには鴨肉とザク切りされた葱がたっぷり。柚子の皮を入れて完成!

13

鴨肉からもダシが出て美味いなコレ・・・。
具の鴨肉はもちろん、葱がまた絶品の美味さ!

ざるやおろしも素晴らしかったけど、鴨ざるが一番好みかもしれません。
三枚目だというのに、あっという間に平らげてしまいました・・・。 (^^;

14

鴨ざるの余韻も冷めやらぬうちに出されたのは
デザート代わりの そば久寿餅。
そばがきに黒蜜ときな粉を合わせた、一見斬新な組み合わせ。
これが違和感なく、舌になじむんですよ。

久々の訪問でしたが、今回も満足させていただきました。
こちらには毎年一回は訪れたいと思います。

※ ブログのデザインをリニューアルしましたが、いかがでしょうか?
一言でも感想を聞かせてくださると嬉しいです。