01

「寿司大」へ今年最後の訪問をして来ました。

02

今回は常連の昌さんとご一緒させていただきました。
今年も一番多く「寿司大」に通われたのは、多分この方だと思います(笑)。

03 04

仕事終りの昌さんはもちろんお酒を。この日のお通しは タコ。
私もお裾分けしていただきましたが、薫りが素晴らしかったです。

05

飲まない私も一つツマミをいただきましょう。
スミイカのゲソ炙り を七味醤油で。これも実によかった!
甘みの強いスミイカが香ばしく焼かれ、七味が後味をさっぱりとさせてくれます。

06

さて握りへ移りましょう。
まずは大好物の 〆鯖 から。この日は土佐の鯖でした。

悪くないけど、先月食べた青森の鯖(記事は こちら)に比べると
薫りの豊かさや身質の良さにおいて、数段見劣りするなぁ・・・。

どんな鯖と出会えるかは運なので、こればっかりは仕方ないですけど。 (^^;

07

続いて楽しみにしていた今冬初の 鰆の砂ずり。
炙りで出していただきましたが、これも残念ながら脂のノリがいまひとつ。

08 09

炙りの味に納得いかなかったので、炙らない砂ずりや背の部分も試しましたが
同じ固体なのでいまひとつの味なのは変わらず。
正直先月食べたサゴシ(鰆の子供)の方が、脂がのってはるかに美味でした。

今回は鯖運と鰆運に恵まれなかったようです。 (^^;

10

この日もっとも美味しかった一貫は アンキモ でございました。
サラリと溶けて、脂の鮮烈な甘みがパァ〜と口一杯に広がるんですよ!

11

安定した美味しさの 煮穴子 で2013年の「寿司大」は〆を。
大好物の鯖と鰆が微妙だったので、来年リベンジせねば!

ご一緒してくれた昌さんの記事は こちら
ホッキ貝の炙りが旨そう・・・。