01

本日は築地の記事を二本立てで。
週末にツレと一緒にやって来たのは、もんぜき通りのこちらの店。

02

まぐろどんぶりの「瀬川」です。
しばらく休業されていましたが、先月復活されました。

こちらで食べるのはなんと5年ぶり!

03

ツレが頼んだのは まぐろ丼・800円。
シャリの上に刻み海苔が散らされ、本マグロの漬けが美しく並べられます。

その上に大葉とガリ、山葵が。この薬味の刻み方が絶妙なんですよ。
軽く混ぜて口に頬張ると、マグロやシャリと丁度よく馴染むのです。
マグロの漬かり具合も最適ですね。

04sg

私は 今だけどんぶり・1500円 を。
まぐろ丼が赤身を使うのに対し、こちらは中トロが乗った贅沢な一品。
こちらも勿論こだわりの本マグロです。

両方をシェアしていただきましたが、赤身はマグロの味が濃いし
中トロはほどよい脂のノリで、どちらも甲乙付け難い美味さ!
スジが入った部位もありますが、切り方が上手いからかほとんど気になりませんよ。
久々にいただきましたが、変わらず美味しかったです。

05

場外から場内に移動し、待ちの少なかった「天房」へ並びます。
運良く少し待っただけで入れました。

お好みで何品か揚げてもらうつもりでしたが
この日はあいにく満足できるほどの仕入れが出来なかったそうで。

06

天ぷら定食のご飯抜き・1200円 に さつまいも・200円 を追加で注文。
定食のネタは大海老、芝海老、ホタテ、穴子、キス、茄子、そしてパセリ。

「天房」でパセリ食べたの初めてです(笑)。

07

芝海老は足を付けて、一緒に揚げるのが天房流・・・。
このサクサク感がたまりませんな。

08

美味しいまぐろ丼と天ぷらを堪能した後は、市場を離れコーヒーを飲みに。
やって来たのは今年10月、二丁目に出来たばかりの「Turret COFFEE」です。
スタバの先の路地を入ったところにあります。

09

中はカウンター5席ほどと、簡素な二人席が2つの小さな店。

10

メニューがこちら。

11

いただいたのは ターレットラテ・550円。
注文後に豆を挽いて作ってくれるので、香ばしく薫り豊か!

器が大きく量もたっぷりなのが嬉しい。
お洒落なラテアートの美しさも魅力の一つ。
それと築地にしては珍しく禁煙なのも嬉しいポイント。
今後ちょくちょくお邪魔させてもらうことになりそうです。

12

珈琲を飲んで落ち着いた後、年末の挨拶がてら「河岸頭」へ。

13

すぐに帰るつもりが、いつのまにか席に座っていた私達(笑)。
いつものように刺身をいただきました。右から鰹とイサキ・・・。

14

アングル変わって左から
ヤガラ、ツバス(ブリの幼魚)、金目鯛、ヒラスズキ、中トロ、クエ。

この日の刺身もどれも見事!
あえて一番を選ぶならば、十分熟成されたヒラスズキかな。

15 16

試しにちょっと食べてみてください!と出されたのは
クエとブリのそれぞれの肝と胃袋を煮たもの。これは珍味!
胃袋は面白い食感で、ブリの方が肝にコクがあるかな?
クエの肝は寝かせるともっと味が出てくるんだとか。

店主橋本さんの美味いものへの探求心は尽きることがないですね。

17

そうそう、その橋本さんといえばちょっと前にめでたいことがありまして
私達からもささやかなお祝いを。
※ イラストはおざわゆきさんの 『 築地まんぷく回遊記 』 から拝借いたしました。

さて、2013年も今日を入れて残り二日となりました。
大晦日にも余裕があれば一本記事を書きますが
忙しいかもしれないので、今のうちにご挨拶を(笑)。

今年もうちの拙いblogを読んでくださった全ての訪問者の方々に感謝いたします。
皆様、よい正月をお過ごしください。