01

今夜はチェーン店の記事でお許しください。 (^^;
遅ればせながら私も 追悼餃子 をすべく
「餃子の王将」の京成大久保店へ向かいました。
ところがそこにあったはずの店は閉店し
新たに「 大阪王将 」が出来ておりました・・・。

ま、いいか。
追悼にならないけど、久々にここの餃子も食いたかったし(笑)。

02

ツレと二人で注文したのは
新!元祖焼餃子・230円 、海老の特製マヨネーズ・630円。
京成大久保店限定メニューの ズワイガニ入り天津飯・550円。
ぷるぷる水餃子・330円 は少し遅れて提供されるとのこと。

03

まずは焼き餃子をいただきます。綺麗な焼き上がりですね。
「餃子の王将」でも同じことが言えますが
各店舗の職人の腕によって、餃子の味に大きく差が出るんですよ。

04

ラー油のみをかけていただきます。
・・・旨い!
表面はほどよくパリッと焼かれ、中は熱々でジューシー。
肉汁に脂っこさを感じさせない私好みの焼き餃子です。

05

「大阪王将」では初めて頼んでみた海老マヨ。
海老は中々の大きさでプリッ!と食感よく揚げられており、こちらも好印象。
合間に揚げられた春巻の皮を食べるのが、また好きでして(笑)。

06

遅れて到着した水餃子は、鶏がらベースのスープに入れられての提供。

07

商品名どおり皮はぷるぷるで、中の餡は焼き餃子よりもあっさり。
優しい味付けでさっぱりしてます。こちらも悪くないなぁ。

08

メインの天津飯の玉子は、ふわふわぷるぷるの見事な仕上がり。
天津飯の美味しさの9割は、この玉子の出来で決まりますよね。

09

あんかけは甘みも酸味も尖りのない、穏やかな味付けが気に入りました。
『 ズワイガニ入り天津飯 』 と銘打つほどには蟹は入っていなかったけど(笑)。

どの料理も予想以上に美味しかったです。チェーン店も侮れませんね。
手軽に美味しい餃子が食べたくなったら、再訪しようと思います。