01

先月上旬に訪れたのは、銀座の隠れ家的な立ち飲み居酒屋でした。
店名は「 銀座しまだ 」。
立ち飲みの店でありながら、凄腕の和食料理人が作る絶品の料亭料理を
庶民的な値段で食べられると評判の店なのです。

今回はたった一つの座れる4人席を予約しての訪問(二時間制)。

02

飲み物も庶民価格。

03

黒板に美味しそうなメニューがズラリと並びます。
ちょっと値段が見づらいので明記しますと
右から 2000円、1600円、1400円、1200円、1000円、800円。
下段は右端のばちこ以外が500円となっております。ちなみにばちこは2500円。

04

それぞれ飲み物を頼んで、まずは乾杯!

05 06

最初は店のダシの味を知りたいですね。
椎茸煮・500円 と 大根煮・500円 をいただきました。
居酒屋定番の 出汁巻きたまご・500円 と ポテトサラダ・500円 も。

煮物はダシがふくよかに出ながらも、味付けは優しく繊細。
大根の火の通り加減も見事!
出汁巻きはほのかな甘さで、ポテサラもマヨは必要最低限。
そこらの居酒屋では到底出せない上品な味ですよ。

07

続けて ウニの伊勢海老ジュレがけ・1600円。

08

ウニと伊勢海老風味のジュレが合わさると、グッと高貴な薫りと味に。

09

ズワイガニのクリームコロッケ・1400円。

10

中のベシャメルは滑らかで、写真では判りにくいけど蟹がたっぷり!
クリームコロッケなのに味付けは穏やかで、ズワイガニ自体の甘みが鮮やか。

11

ウニ、蟹と来て、お次は肉。 黒毛和牛のビーフカツ・2000円。
カラッと揚がったビフカツはレアで、断面がなんとも美しい。

12

牛肉はやわらかく、しっとりジューシー。
デミグラスソースには何かの酸味があって、後味が爽やかに。

13

こちらで一番高いメニューの ばちこ・2500円 を試したくなって注文。
ナマコの卵巣を干した高級珍味ですが、私はあまり好みではなかったな。

14

シンプルな 焼き海老芋・800円 の方がずっと美味しいと思っちゃいました。 (^^;

15

まだまだいきます! 車海老と百合根のかき揚げ・1400円。
サックリ&ふんわり揚がったかき揚げは、全く油っぽさを感じさせません。
揚げの技術も素晴らしい・・・。
車海老は弾力が心地よく、百合根の素朴な旨さがなんとも私好み!

16 17

〆にはまだ早いですが、ここで一つ飯ものを。
卵かけご飯・500円 です。
しかしここの卵かけご飯は普通ではなく、パルミジャーノチーズがたっぷり!
中の黄身の味が濃厚な卵とチーズを合わせ、醤油を軽くかけていただくと
ビックリするほど旨いじゃないですか!

米、卵、チーズ、醤油のどれもが極上だからこそ、この旨さなんだろうなぁ。

18

もう一回肉いきましょう! 鴨炙りとうるい菊菜のソース・1000円。
ほろ苦い菊菜のソースが鴨肉と相性抜群。うるいと一緒に食べるとより美味い!

19

白子と海老芋の蕪のすり流し小鍋・1400円。
蕪の甘みがじんわりと出たスープの旨いこと・・・。
具の白子は口の中でネットリと。大好物の海老芋はホクホク。
これしみじみと美味くて好きだなぁ。

20 21

最後の〆は名物料理の からすみ蕎麦・1600円。
二八蕎麦にカラスミをたっぷりとまぶした贅沢極まりない一品。

賛否両論あるみたいですが、私は好きな味でした。
蕎麦にカラスミの旨味と塩気が違和感なく馴染む感じ・・・。
きっと次回お邪魔するときも、コレで〆ることになるでしょう。

4人で二時間の制限一杯食べましたが、ばちこ以外は大変気に入りました。
今週末に運良く予約が取れたので、再訪する予定です。
季節が変わるとメニューも変化しているでしょうね。楽しみです。