01

一昨日の土曜は久々に築地へ。
早朝は寒かったですが、9時ぐらいから暖かくなりましたね。
一軒目に訪れたのは「 天房 」です。今回は昌さんとご一緒を。
まだ足の痛みが残っているのに、わざわざ来ていただきました。 (^^;

02

店内満席だったので、店頭でしばらく並ぶことに。
ハシゴの予定なんで、ご飯の注文はやめときますかね。

03

10分ほど待って入店。二人でカウンターに座らせていただきます。
お目当ての旬の 『 銀宝 』 がないかと聞くと、残念ながら無いそうで。 (-o-;

私は天ぷら盛りと、まぐろブツをいただくことに。

04

こちらは昌さんが注文された きゅうりぬかづけ・250円。
少しいただきましたが、しっかり漬かってて旨かった!

05

まぐろブツ・500円 は中々のレベルのメバチマグロ。
値段の割りに量が多いのが嬉しい。

06

しばし待つと 天ぷら盛り・1300円 が運ばれました。
ちなみに昌さんは単品で芝海老とキスを注文。もちろんお酒も(笑)。

07

天ぷら盛りには芝海老、穴子、海老、キス、しし唐、ホタテ海苔。

08

ふんわりと揚がったキスは、天ツユでいただきました。
サクサクの芝海老は塩で。どのネタも旨いなぁ。

09

穴子もここに来たら必ず食べたいネタの一つ。
身は脂がのって甘く、あっさりした上品な後味。
左下にも穴子っぽいネタが写ってますね。
そちらをいただいてみると穴子にしては弾力が強く、もちもちとした歯応え。

『 ご主人、これも穴子ですかね? 』
『 それ銀宝なんですよ。小さいのが一つだけあったので入れておきました。 』

なんと嬉しい心遣い!
銀宝が無いと聞いたときの私の顔が、よほど残念そうに見えたのでしょうか?(笑)
幸運にも銀宝と穴子の食べ比べが出来て大満足でした。
銀宝はシャコが禁漁になったら、小柴産のものが入ってくるとのこと。
そちらも一度食べに来たいです。

10

「天房」の後は「フォーシーズン」でお茶を。
土曜とあって、たくさんのお仲間とお会いできました。
昌さんとはそこでお別れし、二軒目にお邪魔したのは「 河岸頭 」。
土曜に築地に来ると、必ず来てますね。 (^^;

11

7名の大所帯で押しかけました。飲める方々はお酒を。
この日本酒がよほど美味しかったのか、一本空いちゃいました。

12

最初にいただいたのはイカバター。
元々イカバターは好きなんですが、「河岸頭」で刺身に使えるような上質なイカなら
どんだけ旨いものが出来るのだろうと興味がありまして、今回作っていただきました。

13

これが凄く美味い! アオリイカは新鮮で、強烈な弾力。
冷凍したイカとは違い、嫌な臭いがしないのが特長。
身がバターに負けないくらい甘いですよ。
ある意味イカバターにするのが勿体無いほどのイカですね(笑)。

14

この日はいいメヌケがあるということで、煮付けてもらいました。
幸神メヌケというメヌケの中でも特によいものらしく、期待大!

15

まずは半身からいただきます。
・・・コレ美味いな〜!
身はプリンとして、脂が十分のってます。
味は金目鯛に近いけれど食感に力強さがあって、味わいがより豊かな感じ。

16

頭の部分も絶品!
目玉の周りのトロトロのゼラチン質のとこがたまらない美味しさ・・・。
ぷるんぷるんしたアゴ肉も抜群にいいなぁ。

またメヌケの旨味が出た煮汁が美味しいんですよ。
そちらもご飯にかけて、余すことなくいただいたのでした。 (^^;

17

「河岸頭」に来たら刺身も食べたいよね!ということで
刺身も少しお願いしました。

鰹、クエ、甘鯛、中トロ&大トロの全5種類。この日は特に白身が良かったな。
「天房」に続いてこちらでも大満足させていただきました。

最後に一つお知らせですが
「河岸頭」は改装の為、5月12日(月)から二週間ほど休業 とのことです。

26日(月)に再開予定とのことですので、来店や予約の際にはご注意を。
一体どんな感じにリニューアルするのでしょうね? 今から楽しみです。