01

先月お邪魔して好印象だった「 銀座しまだ 」に再訪してきました。
前回の記事は こちら

写真を見て判るように、8丁目にあります。
今回もテーブル席を予約して、4人での訪問。

02

メニューがこちら。

03

裏には500円のメニューが並びます。

04

まずは飲み物で乾杯を。

05

一品目に頼んだのは ホタルイカ・500円。
いい大きさですね。ワタの甘さに胃袋が目覚める感じ(笑)。

06

刺身をもう一品。 金目鯛の刺身・1000円 を。
ほどよく熟成されて、旨味が増してます。
手前に見えるのは、ウドのたまり醤油漬け。
サクサクして、これだけを単品注文したくなるほど旨いんですよ。

07 08

続いて前回もいただいた ウニの伊勢海老ジュレ掛け・1600円 と
ズワイガニのクリームコロッケ・1400円。
どちらもここに来たら注文必須の一品。

特にコロッケは女性でも一人一個食べて欲しいなぁ。

09

皮目が香ばしい 甘鯛の頭焼き・500円。
人気があるのか、私達の注文で売り切れました。

10

前回特に美味しいと思った クルマエビと百合根のかき揚げ・1400円 を再び。
ほくほくの百合根の素朴な甘みがなんとも好きでして・・・。
コリアンダーもいい仕事してます。

11 12

この日の牛肉は花山椒との組み合わせでした。
黒毛和牛焼き、花山椒・2000円。

短期間しか味わえない花山椒は辛みが爽やかで、ピリピリ感が心地よい。
牛肉はレアで、絶妙な焼き上がり。

13

前回も頼んだ 卵かけご飯・500円。
写真で見ると普通の卵かけご飯に見えますが、実は普通じゃないんですよ。
気になる方は前回の記事を読んでくださいね。 (^^;

14

終盤に入ったので鍋をいきましょう。
蛤と筍の小鍋・1200円 を二人前頼んで、大鍋仕立てにしていただきました。

15

ハマグリの出汁が濃厚に出たスープのなんと美味いこと!
そのハマグリは肉厚で、いい弾力です。
噛むとスッと切れて、旨味がじんわりと・・・。

またもう一つの主役の筍が強烈に甘いんですよ!
とうもろこしかと勘違いするほどに。 (^^;

16

まだまだいきます。 鴨炙り・1000円。
鴨肉は驚くほどやわらかく、炙られていい風味・・・。
この鴨は味が濃くて、黒毛和牛よりも旨いかもしれません。

17

牛肉、鴨肉と来て、最後の肉はうずらを。 ウズラの山椒焼き・1200円。
コレも鴨に負けないぐらいよかった。
こちらの焼物で共通してるのは、火入れの素晴らしさと素材を邪魔しない味付け。

18

〆は前回同様 からすみ蕎麦・1600円。
同席してくれた方にこの料理の感想を聞きたいので、必ず頼んでしまいます。

私は好きなんですけど、感想を聞くと評価は半々ってところかな?
時期によっては稲庭うどんver.になるそうで、そちらも一度食べてみたいところ。

今回もどの料理も美味しくて、大変満足させていただきました。
季節が変わった頃にまたお邪魔せねば!