01

串カツをいただいた後に訪れたのは、すぐそばにある「 今井 本店 」です。
大阪はうどんが旨いと評判の店が多く、ここもその一つ。

派手にデコレーションされた看板が並ぶ道頓堀の中で
高級感のある落ち着いた佇まいが、逆に目立っている感じ・・・。 (^^;

02

うどんだけなく蕎麦もありますが、圧倒的に人気なのはうどん。
丼も様々ありますが、一番人気は親子丼とのこと。

03

入店して注文したのは、その親子丼と・・・。

04

大阪うどんの代表であるきつねうどんです。
これらを二人でシェアしていただくことに。

05

まずは 親子丼・1200円 から運ばれてきました。
お新香とお吸い物が付きます。

06

割下に出汁をたっぷり使い、玉子はふわふわトロトロ仕上げ。
黄身と白身を混ぜ過ぎていないのが嬉しい。
割下は舌に嫌な甘さが残らない品のある味付け。
ベースに使われている出汁自体の美味さがよく判ります。

ゴロゴロ入った大振りの鶏肉は鳥の味が濃く、心地よい弾力。
良質の鶏肉を使われてますね。
シャキシャキした歯ざわりのネギは九条ネギかな?

途中で上に乗せられた卵黄を割って食べると、まろやかさアップ!
お値段はしますが、それに見合うだけの素材と調理法へのこだわり。
こんな美味い親子丼を食べたのは、本当に久しぶりな気がする・・・。

07

一方で少し遅れて提供された きつねうどん・700円 も美味かった!
北海道産の天然昆布と九州産のさば節とうるめ節を使用するという出汁は
薫りよく滋味深い旨味にあふれ、スッキリした爽やかな後味。

この出汁の旨さには、何者も抗えないでしょう・・・。
またその出汁を吸ったふわふわお揚げの旨いこと!
徐々にお揚げの甘辛さが出汁にしみ出てくるのも面白い。

08

うどんは優しい食感で、強いコシこそないものの
最後に奥歯からクニュン!と逃げるような弾力が魅力。
小麦の甘みもしっかり感じられます。
この女性的なうどんも好きだなぁ・・・。

串カツを食べた直後だったのに
親子丼もうどんも苦も無く完食してしまいました。

09

胃袋と時間に余裕があれば、蕎麦も一品食べてみたかった。

10

今回はエレベーターで4階に案内されました。
自社ビルなんですね。儲かってるんだろうなぁ(笑)。

こちらをオススメしてくださった昌さんの記事は こちら
次回お邪魔する機会があれば、私も絶対丼と小うどんのセットだな・・・。