01 02

大阪滞在二日目の朝は、ホテルのオレンジジュースだけで済ませ
昼食を食べに向かったのは梅田。

旅行先での食事は悔いの無い様にしたいですよね。店選びは慎重に!
今回の旅行で真っ先に参考にしたのは、リンク先である魔神さんのサイト。
魔神さんが10年前に★★をつけた「 梅田はがくれ 」は駅ビルの地下にありました。
行列が出来る人気店ということで、念のため開店20分前に到着。
一番乗りです。うどんの仕込みをされていたご主人と目が合いました。

『 おう! もうちょっと待っといてな! 』 と言って、ご主人はにっこりと笑顔に。

こちらもつられて笑顔で挨拶を返します。

03

しばし待って入店を。開店時には15名ほどの並びとなっておりました。

注文したのは看板メニューの生じょうゆ(冷)と、かまたま(温)。
二人でシェアすることに。あと天ぷらも一品いただきましょう。

04

カウンターの上に置かれた薬味をお盆に下ろしたところ

『 初心者は(カウンターに)置いとかなあかんで! おっちゃんが作ったるから。 』

と叱られて、慌てて戻す私(笑)。

05

まずは かまたま・600円。
ご主人の手によって卵と薬味が乗せられ、生醤油を回しかけられたら完成です。

『 絶好のシャッターチャンスやで! 』

鮮やかなオレンジ色の卵が食欲を強烈にそそります。

06

ご主人が混ぜることまでやってくださいました。

『 こないなとこまで撮るんかいな! かなわんな〜(笑) 』

こちらも絶好のシャッターチャンスなのでした。

07

生じょうゆ・600円 もご主人が美しく盛り付けてくださいました。

08

スダチを絞り、生醤油を指示通り二週半かけます。
大事なのは、混ぜないことだとか。

09

『 二本だけ。箸で二本つまんで、一気にすすってみぃ! 旨いで〜! 』

・・・本当だ。メッチャクチャ美味い!
小麦の薫りが鮮烈で、一噛み毎に口いっぱいに広がる豊かな甘み。
うどんはそれほど太さはないのにコシがしっかりあって、滑らかかつしなやか。
小麦や生醤油など、素材にはかなりのこだわりがあるのでしょう。
おろしやスダチ、シャキシャキのネギもいい仕事するなぁ。

麺の量が二本というのがまた丁度いいんですよ。完璧に計算されてますね・・・。
かまたまも卵のまろやかさが加わって、素晴らしく美味かった!

10

半熟玉子とちくわの天ぷら・300円 です。
二人でしたので半分に切ってくださいました。

揚げたてのちくわとカボチャの美味いこと!

11

玉子も理想的な半熟具合で、実に旨かった。

いや〜、感動的に美味しいうどんでした。
もしかしたら私の生涯で食べた讃岐系うどんで一番かも!?

挨拶をして店を出る際には 『 おおきに! 』 とご主人の大きな声が。

ご主人の人柄や店の雰囲気も大好きになってしまいました。
次に大阪に行くことがあれば、必ず再訪します!

魔神さんの10年前のレポは こちら
今なら★★★以上の味かもしれません。