01

久々に平日朝の築地へやって来ました。
和食を食べたい気分でしたので、「 かとう 」へ。

02

ツレは鯵が食べたいということで、アジのタタキを。
私は西京焼きが食べたくなって、金目鯛の西京焼きに。
メヌケの煮付けも気になるなぁ・・・。

03

刺身も一品欲しかったので、お姉さんにこの日のオススメをうかがうと
鰹かメジということで、鰹を選択。

04

まずは私の頼んだ かつを刺身・1300円。
刺身と皮目を炙ったタタキの二種類で登場。

05

鰹の酸味がほのかに感じられ、脂のノリも十分!
5月にこんなに脂がのった鰹が食べられるようになったのは、ここ数年のことだとか。
温暖化の影響みたいですね。鰹が旨いのは嬉しいけど、少し怖さも。

06

こちらはツレの頼んだ つりアジタタキ定食・1400円。
お茶碗は小さい方でお願いしました。
小鉢はひじき煮。お新香と油揚げの味噌汁。

07

アジは薫りが爽やかで、こちらも脂のってますね〜。
生姜やネギと一緒に叩かれてますが、鮮度がいいので薬味も必要ないかも。

08

最後は 金目鯛西京焼・1100円(単品)。
西京味噌のほんのり甘い薫りと、皮目の焼ける音がたまらんですな。

09

焦がした皮のパリッとした食感もいいなぁ。
身はふんわりしっとりと焼かれ
その味わいは繊細かつ上品! 脂も品のある甘みですね。
あまりに美味しくて、ついツレのご飯に手を出すのでした(笑)。

そうそう、名物のアジフライはしばらくやらないそうです。
予定では10月以降だとか・・・。残念ですなぁ。

10 11

「かとう」の後は場外の「 米本珈琲新店 」でお茶を。
アイスキャラメルマキアート・350円 をいただきました。

12

おまけで昨年食べたのに、記事にしてなかった まぐろマフィン・380円 の写真を。

パンやまぐろの質にこだわってる感じは判りましたけど
ソースやマヨの主張が強過ぎるのが、ちょっと勿体無いかな? (^^;
現在も発売中みたいなので、気になった方はお試しください。