01 02

大阪滞在二日目の夜は、念願かなってフレンチの「 Begin 」へ。
昌さんのブログで何度も紹介されてまして
いつか行きたいと思っていたんですよね。

人気店なので勿論予約を。アラカルトでも頼めますが
今回は5000円のコースでお願いしました。

03

ドリンクにいただいたのは無添加の柚子ジュース。
これがやけに美味しくて、ついお代わりを。

04

前菜は 初玉子とコンソメゼリー から。
初玉子ってのは、鶏が初めて産んだ卵のこと。
栄養価が高いんですよね。

05

玉子を割ると中からコクのある黄身がとろりと。
凝縮されたコンソメの旨味と濃厚な黄身の甘みが相まって美味い。

06

続いては 初鰹の塩タタキ風。

07

屋久島の8.8kgの鰹は脂がのりながらも赤身の味わいも強め。
ラビゴットソースでさっぱりといただきます。

08

明石蛸のエスカルゴ風。
タコはぷりぷりの弾力で、甘み豊か。

09

バゲットに残ったオイルをつけて食べるのがまた旨い!

10

四品目は 地鶏とフォアグラの丸いパテ。
ガランティーヌという冷製料理。

11

舌触り滑らかなフォアグラは、口の中でネットリとして強烈な旨味。
それでいてそこまで脂っぽくないのが面白い。
やわらかさと心地よい歯応えを併せ持った地鶏と想像以上に相性いいですよ。

12

お次はコレです。
と言ってご主人が見せてくれたのがこのシール。
船上で活け〆にした釣り物の鱈ですか。

13

昆布森沖産活〆鱈のソテー。

14

ぷりっぷりの鱈は淡白なのに旨味が力強い。
鮮度が良いのかクセもなく、抜群に美味かった!

15

終盤に登場したのは意外にもサラダ。
ホタルイカや和歌山の筍、愛媛の天然のワラビ、
滋賀の有機野菜など素材にこだわったミックスサラダ。

ホタルイカは勿論、野菜の美味しさに驚愕!
筍はコーンみたいに甘く、アスパラの食感や風味もたまらん!

16

最後のメインは山形牛。
山形牛ステーキ 玉ねぎのボルドレーズ添え。

17

裏には滋賀県守山市の玉ねぎが。
付け合せのクレソンやゴボウも勿論有機野菜です。

18

野菜の美味しさもさることながら
絶妙に火を通された山形牛のなんと美味いこと!
深みを感じさせる赤ワインソースがなんともいい。

19 20

デザートには 宮古島多良間の黒糖と初玉子のプリン。
フランス産のフランボワーズビネガーを使ったカラメルには
ほどよい酸味があって、黒糖の風味と実に合う!
これは大人の味ですな〜。

21

たった一度の数時間の滞在でしたが
味、雰囲気ともに大変気に入ってしまいました。
食通の昌さんが足繁く通われるのも納得です。

大阪に再び行く機会があれば、ここにも必ず伺いたいです。
昌さんの一番最近の「Begin」の記事は こちら