01

先週の土曜は鰻を食べに銀座へ。
お邪魔したのは1丁目にある「 ひょうたん屋 」。

関西風の蒸さない鰻が人気の店です。

02

カウンターに座り、注文したのは上の鰻重。
残念ながら肝焼きは昼にはないみたいですね。
目の前で炭で焼かれる鰻の香りに食欲をそそられながら
待つこと10分少々・・・。

03

鰻重(上)・3100円 がご主人の手によって運ばれました。
お新香と吸い物が付いてきます。

04

大盛にしなくても多めのご飯に、いい大きさの鰻が二枚。
白焼きに何度かタレを付け焼きすることで、鰻の脂とタレがよく馴染み
香ばしい薫りがたまらないですよ・・・。
この薫りの素晴らしさまでは、写真でお伝えできないのが残念(笑)。

05

蒸さないので鰻の身はしっかり弾力を残し、表面はパリッ!と。
中はふっくらとして一噛み毎に鰻の脂がジュワッ!とほとばしります。
関西風でも下手な鰻屋だと、ブニブニとした気持ち悪い食感になるんですよね。

鰻の脂の甘さに負けないためか、タレはキリッと醤油がきいて辛め。
この濃いめのタレが後を引きます。
後半は山椒もかけて、さらに味と薫りにアクセントを。

鰻の合間にお新香や吸い物を挟みながら食べ進め、あっという間に完食。
いや〜、美味かった!
ご飯のボリュームがあるので、満腹度もかなりのものでした。

こちら6年前に移転されてまして、移転前に魔神さんも訪れております。
魔神さんの9年前のレポは こちら
当時は特上でも2200円だったのか〜!

06

美味しい鰻をいただいた後は、築地まで移動して
「フォーシーズン」でクールダウン。
オレンジスカッシュでフロートを作ってもらいました。

この後「河岸頭」で刺身をいただく予定でしたが
胃に全く空きが出来ません(笑)。

07

せっかく築地まで来たのにお茶だけというのも寂しいので
ボンマルシェ デリ&バル 」でお土産を。

08

特製日替わり弁当・660円 を購入しました。
この日の日替わりはやわらか角煮。

お腹がようやく空いてきた夜に食べましたが
レンジで軽く温めたせいか、角煮が硬くなってしまいました。 (^^;
値段が安いわりに肉のボリュームがあるので、中々お得だと思います。