01

先月下旬に「 銀座しまだ 」へ行ってきました。
今回も予約をして、4人での訪問。

02

6月下旬のお品書きはこんな感じ。
過去二回の訪問記事(こちらこちら)で紹介したものは
今回は割愛させていただきます。

03

一品目にいただいたのは 蛸の柔らか煮。
じっくりと煮られたのか料理名通りに蛸はやわらかく
和風だしがよくしみこんでいます。

04

続いてほどよく寝かされて旨味が増した こち刺身。

05

鳥貝あぶり はちょっと火が入り過ぎてたかな?
貝の風味が完全にとんでました。 (^^;

06 07

鱧は二種類いきましょう!
鱧の焼霜造り と 鱧の白焼き の両方を注文。

どちらも骨切りが完璧でした。
淡白な味わいなのに、旨味が力強いんですよ。

08

こちは刺身だけでなく、揚物でもいただきました。
コチの唐揚げ甘酢餡かけ。
身がほどよくしまったコチは心地よい弾力で
穏やかな味付けの餡が、素材の旨味を引き出す感じ。

09

終盤に入って肉ゾーン突入!
黒毛和牛焼き胡麻ソース掛け。

10

中はよい感じにレアな焼き具合。
でもこのゴマソースと牛肉の相性って、いいような?悪いような?(笑)。

11

一口ビーフカツ。
これはいたって普通かな?

12

最後は〆の定番の からすみそば で。

今回は全体を通して、料理の出来にちょっとムラがあったかな。
いつも通りに美味しいものと、あらっ?どうしたんだろ?と
首を傾げる品がいくつかありました。
弘法もなんとやらって奴ですかね?
次回はちょっと期間を空けて再訪しようと思います。

ご一緒してくださった猫村さんの記事は こちら