01

故・ウガンダさんが遺した名言をそのまま店名にした
カレー屋にお邪魔してきました。

カレーは飲み物。 」の秋葉原店が開店したのは、昨年11月のこと。
本店は池袋にあります。

メニューは 黒い肉カレー と 赤い鶏カレー の2種類。
今回は赤い方にしました。ライスは 200〜500g まで同一料金。
たくさん食べたい方には嬉しいサービスですね。

02

食券を渡して待っていると、店の方からどのトッピングにするか聞かれます。
大好きなパクチーは必須だなぁ・・・。

03

しばし待って 赤い鶏カレー(中盛)・790円 が提供されました。
なみなみと注がれ、器からはみ出すほどのカレーの量に驚かされます。

04

サフランライスは中盛でも 300g あるので、中々のボリューム。
3種類選べるトッピングは味玉、ポテサラ、パクチーにしました。
コールする時は ´き ですな。

おっ! パクチー結構多いなぁ。
ポテサラは市販品っぽいけど、無料ならいいかな。
まぁ、トッピング料金も勿論カレーの価格に含まれているんですが(笑)。

05

メインの赤い鶏カレーは名前の通り赤く、チキンがゴロゴロと。
トマトベースのサラッとしたインドカレーです。
たっぷりの挽肉で旨味を増幅。
辛さも結構あるけど、スパイスの使い方はシンプルかな?
トマトの酸味もあって、後味は爽やか。

06

カレーを豪快にかけて一気にいただくと、幸福度が増したような気がします。

790円でこのボリュームじゃあ、味はたいしたことないんじゃないの?
・・・そう思われたそこの貴方!

07

貴方の想像は概ね当っていると思います(爆)。
カレーには深みが足りなく、鶏肉はやわらかいけど旨味が不足。

でもB級感あふれるカレーが無性に食べたくなる時もあるんですよね。
化調の効いたポテサラや、パクチーをカレーと混ぜると更にジャンクさアップ!
食べていて楽しいカレーです。

次回のトッピングはどういう組み合わせにしようか?
そんな悩みも楽しさのうち。
再訪する日まで、私も思う存分悩もうと思います。