01

日本人にとって鮪って特別な存在ですよね。
私は一番に好きな魚ではないけれど
刺身や寿司を食べるときに、鮪が無いとやはり寂しいです。

インド鮪やメバチ鮪、キハダ鮪も旨いですが
鮪の王様と言えば、やはり本鮪でしょうか。

写真は昨日記事にした「都寿司」で
ツレに出された本鮪の中トロ。
私が食べたものより、若干脂のノリがいいかな?

02

しかし本鮪じゃなくても王様に負けない美味さの鮪に出会えることも。
写真は昨年の1月(記事は こちら)に「河岸頭」でいただいた
メバチ鮪の赤身の漬け丼。

ねっとりとした赤身をヅケにすることで
旨味と甘みが増し、酸味が和らいで
メバチ鮪の美味しさが限界まで引き出されたような・・・。

まばゆく光るルビーのような美しさも
美味しさの大事な要素。

店主の橋本さんいわく、上質のバチをヅケにして
その漬かり具合が絶妙になる瞬間にしかこの美味しさは出ないとか。

私が今まで築地で食べた中で、最も衝撃を受けた丼 がコレです。

いいメバチの赤身が入ったらまたやってくれると思うので
その日に巡り合えることを楽しみにしています。