01

先週末は朝から築地へ。まずやって来たのは
最近新メニューが続々と登場している「 小田保 」。

02

注文はその新メニューの一つである サンマフライ・700円。
ハシゴの予定なので定食ではなく、単品での注文。
大きな秋刀魚のフライが4枚も皿に乗ってます。

03

自慢の自家製タルタルソースでいただきます。
・・・美味い!
ふんわり&サックサクの見事な揚がり具合で
秋刀魚の身は臭み無く、脂がしっかりのってます。
タルタルのコクが相まって、より力強い旨さへと。

04

もちろんソースをかけても旨いのは当り前。

05

ワシャッ!とかぶりつくとソースのコクと酸味が
またたまらない・・・。
レモンをかけるとより爽やかにいただけます。

4枚もあると途中で飽きるかな?と思いましたが
それは杞憂でございました。

06

こちらはご一緒してくれた方が注文された
えび丼のあたま・1100円。

お裾分けしていただきましたが、海老プリプリですよ。

07

揚物が何かもう一品欲しいと思って
二人で アスパラフライ・500円 をシェアすることに。

旬から外れてはおりますが、甘みや香りがよいものが入るのが
築地の大きな利点。

場内で揚物をウリにする店はいくつかありますが
「小田保」のフライが一番のお気に入りです。

08 09

「小田保」の後は築地を愛する方々とともに
「木村家」や「フォーシーズン」で楽しくお茶を。

「木村家」では ミルクコーヒー・400円。
「フォーシーズン」では
生のオレンジを丸々1個使う オレンジスカッシュ・500円 を。

10

ランチの時間になったので、定番の「 河岸頭 」へ。
なんと三週連続の訪問となります。 (^^;

11

最初にいただいたのは 生しらす。
毎日入荷があるわけでは無く、数が限られているので
あるときは積極的に頼むようにしています。

12

お次はユーモラスな顔をした えぼ鯛の塩焼き。
こんな顔してるのに、その身には上品で繊細な旨味が。

13

刺身の盛り合わせもいただきます。
マグロの赤身がダントツに美味でした。

14

刺身の後にもう一度焼き物が。
今シーズン初めての 秋刀魚の塩焼き を。

皮目がこんがりと焼けているけど、それは表面だけ。
パリッ!ふわっ!とした理想的な焼き上がり。
脂のノリも申し分なく、臭みのないワタの甘さも特筆もの。

この日はサンマに始まり、秋刀魚で終った
幸せな一日となりました。