01

担々麺が食べたくなって、ツレと二人で新京成線に乗ってみのり台へ。

昨年2月、駅から歩いて10分ほどの場所にあった
「楽山担担面」が、ほんの数十メートル移転して
成都担担面 」として生まれ変わりました。

わずかな距離を移動した理由は一体?
・・・謎です(笑)。

02 03

週末だったせいか、開店前から行列が出来てました。
オープンするとまもなく満席に。

土日祝はお得なセットがあるみたいですね。
お目当ての担々麺の前に、餃子をつまむのも悪くないな。

04 05

こちらがメニューです。
他にも一品料理がありますが、ランチ時は注文不可とのこと。

麺類は100円追加で激辛にできるのか!
・・・今回はやめとこ(笑)。

06

担々麺が来るまでのつなぎに 餃子・250円 をいただきます。

皮の表面はパリッ!、食感はモチッ!とした理想的な焼き上がり。
見た目以上にジューシーで、口の中で肉汁が弾けます。
餡と皮のバランスも申し分無し。

07

ザーサイ、半ライス、杏仁豆腐の 得々セット・250円 も注文。
担々麺にライスを合わせて、ガッツリいただきます!

08

餃子を食べ終えた頃に 楽山担担面・900円 が出されました。

グアテマラ産のゴマを炒めてすり潰し、自家製ラー油を加えた芝麻醤に
鶏がらスープを合わせた担々麺。
具には肉みそとモヤシ、ほうれん草、ネギ。

グルメ雑誌によくある真上からのアングルで撮影してみました。
うちのブログにしては珍しいでしょ?

09

太めのストレート麺に、スープや具を絡めていただきます。

・・・美味い。

ゴマの風味が濃厚で、スープの鶏ダシの旨味もしっかり。
後からじわじわとラー油の辛さもやって来ます。
激辛にしなくても十分辛いですね。 (^^;

10

こちらは汁無しの 成都担担面・950円。
具に砕かれたナッツが加わり、ラー油が多めにかけられます。

11

硬めに茹でられた細麺とタレを、良く混ぜていただきます。

・・・こちらも美味い。

汁ありよりスパイシーで、麺の食感の良さが際立ってますね。
残った肉みそやタレをご飯にかけても旨いんですよ!

余すことなく最後まで美味しくいただいたのでした。

12 13

辛いものを食べたら、甘いものが欲しくなるのが人の性。
近くにある「 スヴェニール 」というカフェでデザートをいただくことに。

松戸に「さかえ屋」という
原材料や製法にこだわるカステラの店がありまして
ここはそちらが手がけるカフェなのです。

14

注文したスイーツは スヴェニールパンケーキ・830円。

6段重ねの厚焼きパンケーキにフルーツやアイスがそえられた
シンプルだけど華やかという私好みのパンケーキ。

昨今のパンケーキブームに安易に乗っかって
カステラ屋が適当に作ったパンケーキじゃ・・・?

という私の不安は、ただの杞憂に終わりました。

15

生地が美味しい!
シンプルでクラシカルだけど、小麦粉や卵の質にこだわりを感じました。
そえられたフルーツも瑞々しく、自然な甘みが生地に合います。

担々麺を食べた直後に6段重ねのパンケーキなんて
無謀! かと思いましたが
美味しかったので苦も無く完食・・・。
これが800円代だなんて・・・。

今後、みのり台での食べ歩きの際に
ちょくちょく通わせてもらうことになりそうです。