01

今日はブログ休止中に訪れた店のレポを。
昨年秋、久々に再訪したのは焼肉の「 山田屋 」。

写真が多いので、前後編に分かれて紹介いたします。

02

とりあえず乾杯から。
友人に連絡を取ったところ、嬉しいことに後ほど合流してくれるとのこと。
彼が到着するまで二人で軽く食べることに。

03

まずは刺身を。 子袋刺し・670円。
当日朝にさばいたばかりの新鮮な豚のコブクロ。
シャキシャキとして、爽やかな薫り。

04

続いてすぐに用意できるスピードメニューから
牛テール蒸し・950円。

じっくり煮込まれて、繊維がホロホロになるほどのやわらかさ。
素材がいいので、軽く塩をかけて食べるのが一番ですな。

05

限定10食ほどしかないという 豚タントロ蒸し・650円。
運良く最後の一つにありつくことが出来ました。

厚切りされた豚のタンが 嘘でしょ!? っていうくらいにやわらかく
口の中で官能的にトロッと溶けます。

初めていただきましたが、これ絶品ですね。
テール蒸し同様に、再訪するときはマストで頼まねば。

06

刺身をもう一品。 チレ刺し・670円 です。
脾臓の刺身なんですが、センマイとハツが合さった様な独特の食感。
これもコブクロと同じく鮮度が味に直結します。

07

煮込みメニューももう一つ。 牛塩もつ煮込み・530円。
タンやハチノス、テッポウなどが入ったシンプルな塩味の煮込み。
食感の違いが楽しく、それぞれの部位からダシが出たスープの美味いこと。

08

刺身系や前菜、スープのメニューを参考までにのせておきます。

ちょうど友人も来てくれたので、焼きに移ります・・・。
そちらは次回の更新で。

4年前の訪問記事は こちら